料理王国ロゴ
サイトマップ
HOME
料理王国
料理王国 料理王国100選 セミナー・イベント サポーター 会社概要 広告掲載
セミナー・イベント
イベントレポート
飲食関係イベント「第10回新年シェフ交流会」
2018年1月10日(東京)2018年1月15日(大阪)

恒例のイベント「新年シェフ交流会」も今回で第10回目となりました。
東京と大阪を合わせ、約80店舗、130名の料理人が集まったほか東京では8つ、大阪では7つの企業・自治体が
ブースを出展しました。

交流会レポートはこちらから


【東京会場】

新年シェフ交流会東京会場

代々木「服部栄養専門学校」が会場となった東京では、
40店舗70名以上の料理人が参加し、銘々に再会を喜び穏やか
に言葉を交わす姿が見られた。8つの企業・自治体が集まった
ブース出展会場に はそれぞれの自慢の名産品が所狭しと並び、
その味を確かめつつ担当者の話に熱心に耳を傾ける参加者たちで
溢れかえる、活気ある場となった。

トップシェフによるデモンストレーションでは、渋谷で32年
愛され続けるフランス料理の名店「ラ・ブランシュ」の田代
和久さんと、フランス料理人生45年の名匠「レストラン タテル
ヨシノ」の吉野建さんが登場。「技術の伝承」をテーマに、
自身が培ってきた技術を惜しみなく披露した。


新年シェフ交流会東京会場


【大阪会場】

新年シェフ交流会大阪会場

大阪もまた東京に負けない熱気に包まれた。参加者は約40店舗
60名で、出展会場には7つの企業・自治体のブースが出展。
鹿児島県のブースには東京会場ではお目にかかれなかった
「鹿児島黒牛」も登場した。

昨年の全国和牛能力共進会において全9部門中4部門で1位を
獲得した日本一の和牛の味わいは、会場でも人気を集めた。
この日デモンストレーションを担当したのは中国料理「麻布長江
香福筵」の田村亮介さんと、パティスリー「モンサンクレール」
の辻口博啓さん。注目のトップシェフが日々の努力の中で磨きを
かけた技術の数々に、参加者も熱心に見入り、デモンストレー
ション後には積極的に質問する姿も見られた。

参加者同士で盛んに情報交換する場面も多く、この日の交流会が
意義深い時間となったことがうかがわれた。

新年シェフ交流会大阪会場
※新年シェフ交流会の詳細は2018年4月号に掲載されています。
ご購入はこちらから

飲食関係イベント「第9回新年シェフ交流会」
2017年1月9日(大阪)2017年1月11日(東京)

 今年で9回目となった、料理王国主催の新年の恒例イベント「新年シェフ交流会2017」が、
東京と大阪の2会場で開催されました。

交流会レポートはこちらから


【東京会場】

新年シェフ交流会東京会場

東京会場では、8つの企業および 自治体のブースが出展。
多くのシェフが興味を持って詰めかけた。 今回の交流会のテーマは「わが道」。
周りに流されず、ブレることなく、信念をもって「わか道」を行くシェフたちに
登場してもらい、素晴らしいデモンストレーションが行われた。

午前は「81」の永島健志さんと「HASHIDA SUSHI」の橋田健二郎さんが、一緒
にデモストレーションを披露。午後は数々の名店での経験を持つ「エスキス」の
成田一世さんが登場。これまでの料理人生のなかで生まれた思い、積み上げた知識、
構築した哲学など、料理とともに3人の「道」が存分に表現された。

新年シェフ交流会東京会場


【大阪会場】

新年シェフ交流会大阪会場

大阪会場のデモンストレーションを担当したのは、東京「セララバア」の橋本宏一
さんと、大阪「ラシーム」の高田裕介さん。 ふたりのトップシェフがそれぞれの
「わが道」を体現する料理を披露した。

出展ブースには、大阪会場のみの出展となる長島町と古座川町を含む、6つの企業
および自治体が出展し、多くの参加者が訪れた。

納涼シェフ交流会大阪会場
※新年シェフ交流会の詳細は2017年4月号に掲載されています。
ご購入はこちらから

飲食関係イベント「第4回納涼シェフ交流会」
2016年6月27日(東京)2016年6月29日(大阪)

今年で第4回となる納涼シェフ交流会を、東京、大阪の2会場で開催。
「原点回帰」をテーマに、トップシェフによる調理デモンストレーションが行われました。

交流会レポートはこちらから


【東京会場】

納涼シェフ交流会東京会場

テーマは「原点回帰」。 料理界におけるふたりの重鎮の原点に 奥深い歴史を垣間見る。

港区東新橋にある「厨BO!SHIODOME」が会場となった東京では、105店舗、183名以上の
料理人が参加。再会を喜ぶ姿や、互いの近況を報告し合うなど、会場内は始終なごやかなムード
に包まれた。5つの企業および自治体の出展ブースには絶えず参加者が出入りし、担当者の話に
熱心に耳を傾ける姿が見受けられた。

トップシェフによるデモンストレーションでは、東京・四谷のフレンチレストラン「北島亭」
の北島素幸さんと、日本料理界の重鎮・ 道場六三郎さんが満を持しての登場。さらに、ブー
スを出展している愛媛県から中村時広知事が駆けつけ、「愛媛あかね和牛」など県産食材をす
る一幕もあった。

納涼シェフ交流会東京会場


【大阪会場】

納涼シェフ交流会大阪会場

2人のトップシェフが 各々のアプローチで「原点」を表現
参加者たちの熱い視線が注がれた。

「エルテック新大阪」で大阪会場内は、東京とはまた違う熱気に包まれていた。この日の
参加者は51店舗90名以上。出展ブースは合計4つ。鹿児島県のブースは東京とは異なり、
有限会社佐多宗二商店は大阪限定での参加となった。デモンストレーションが行われた
キッチンは出展ブースとつながっているため導線は抜群。 交流会の開始と同時に愛媛県
ブースから「愛媛あかね和牛」を焼く香りが立ち込めると、多くの参加者が興味を抱いた
様子で列をなしていた。

今回デモンストレーションを担当したのは、東京「銀座レカン」の高良康之さんと、名古屋
「ドディチ・マッジョ」の今村光志さん。若手やベテランを問わず、観覧席が最前列から次々と
埋まっていく様子から、参加者の「ここで何か持ち帰りたい」という前向きな姿勢がビシビシと伝わって来た。

納涼シェフ交流会大阪会場
※納涼シェフ交流会の詳細は2016年10月号に掲載されています。
ご購入はこちらから

飲食関係イベント「第8回新年シェフ交流会」
2016年1月6日(東京)2016年1月13日(大阪)

 今年で8回目となった、料理王国主催の新年の恒例イベント「新年シェフ交流会2016」が、
東京と大阪の2会場で開催されました。

交流会レポートはこちらから


【東京会場】

新年シェフ交流会大阪会場

 今年の新年交流会の東京会場には、7つの企業の出展ブースが並んだ。
新しい食材や調理器具との出会いを楽しみに参加するシェフも多く、交流会が始まると、各ブースに
シェフたちの列ができあがっていた。交流会のもうひとつの楽しみは、トップシェフによるデモンス
トレーションだろう。今回は、「シグニチャーデイッシュ」をテーマに、東京会場では4人のトップ
シェフが、自らの"サイン"を皿の上に描いた。

最初に登壇した[ル・スプートニク]髙橋雄二郎さんは、代名詞とも言える「"薔薇" フォアグラ、
ビーツ」を披露。「エテ」の庄司夏子さんは独立からシグニチャーディッシュの開発にかけた熱き想
いを存分に語ってくれた。

午後の部で登場したのは、「リストランテ ホンダ」の本多哲也さんと、5月に新店舗をオープンす
る予定の「ナベノイズム」の渡辺雄一郎さんの伊仏のベテランコンビだ。本多さんは、シェフのスペ
シャリテである「イカスミのスパゲティ」を応用・展開して新しいひと皿に仕立てた「ウニとホタテ
のクリームパスタ」を披露。そして、最後に登壇した渡辺さんは、初めて師のロブション氏に認めら
れたという魚のひと皿を披露した。「突き詰めた先に生まれた料理が、シグニチャーになる」と渡辺
さん。世界の舞台で凌ぎを削ってきたシェフだからこその重みのある言葉は、多くの料理人の心を打ったはずだ。

新年シェフ交流会東京会場


【大阪会場】

新年シェフ交流会大阪会場


大阪の新年シェフ交流会は、1月13日、「エルテック新大阪」で行われた。
大阪会場はいつも賑わうが、今回は70店舗137人以上のシェフたちが来場し、大盛況の会となった。
毎回好評のデモンストレーションも、今回は東西6人ものスターシェフが登場。
「シグニチャーディッシュ」をテーマに、思い思いのひと皿を披露してくれた。

まず最初のデモンストレーションは「レストラン タテル ヨシノ 銀座」の 野建さん。
「続いて登壇したのは 野さんの弟子でもある「オテル・ド・ヨシノ」の手島純也さん。
修業時代の思い出を交えながら、クラシカルなひと皿を調理。

午後の部最初のデモンストレーションは「イゾラベッラ オペレッタ」の八島淳次さん。アシストに
は「イ・ヴェンティチェッリ」の浅井卓司さんな どが入り、関西イタリアンの絆の強さを伺わせた
。続いては「ピアット スズキ」の鈴木弥平さん、「リストランテ濱﨑」の濱﨑龍一さん、落合さん
という東京イタリアンの名店3連発。トリを務めた落合さんは、なんと京都の中華料理店「一之船
入」の魏禧之さんによるフカヒレスープを自身のスペシャリテであるウニのパスタにアレンジ。
イタリアンと中華の意外なコラボレーションに、興味深げに試食する参加者の姿が見られた。

新年シェフ交流会大阪会場
※新年シェフ交流会の詳細は2016年4月号に掲載されています。
ご購入はこちらから

飲食関係イベント「第3回納涼シェフ交流会」
2015年6月1日(東京)2015年6月3日(大阪)

「料理王国」の夏の恒例イベント「納涼シェフ交流会」が今年も東京、大阪の2会場で開催されました。

交流会レポートはこちらから


【東京会場】

納涼シェフ交流会東京会場

会場となったのは、東京ガスの体験型業務用厨房ショールーム「厨BO!SH
IODOME」。新橋、汐留の各駅から近く、東京や品川といったターミナル
駅からもアクセスしやすい会場ということもあり、新潟や静岡など遠方からも
シェフが集った。その数70店舗130名以上。イベントは10時にスタートした

2015年の納涼シェフ交流会のテーマは「魚」だ。イベントの目玉、調理デモン
ストレーションには、中国料理「szechwan restaurant 陳」の菰田欣也さん、
イタリア料理「リストランテ濱﨑」の濱﨑龍一さん、フランス料理「ヌキテパ
」の田辺年男さんが登場。「厨BO!SHIODOME」ならではの、ガス火
の力を存分に使った調理法で、魚料理のスペシャリテなどを披露した。
なかでも菰田さんは、キッチンを特別に中国料理仕様に変更して、炎を上げな
がらのデモンストレーション。「中国料理の魅力をたくさんのシェフに伝えた
い」という熱意を語りながら、夏の交流会にふさわしい〝熱演〟で会場を沸か
せた。 

新年シェフ交流会東京会場


【大阪会場】

新年シェフ交流会大阪会場

大阪の納涼シェフ交流会は、関西電力ショールーム「エルテック新大阪
」で開かれた。朝から降り続く悪天候にもかかわらず、40店舗78名以上の
料理人たちが集まり、大阪会場ならではの熱さを感じさせた。

今回も恒例のトップシェフ3名によるデモストレーションが行なわれた。
トップを務めたのは「ビランチャ北浜本店」の柿田将宏さん。クラフトビ
ールで乾杯した後、柿田さんはリゾットの調理から始めた。新米よりも古
米の方がリゾットに適している点を指摘。説明にうなずきながら記録用に
スマートフォンで撮影する参加シェフの姿も見られた。

続いてのデモストレーションは「京料理 たか木」高木一雄さん。調理補助
には、秋に大阪「プレスキル」のシェフに就任する佐々木康二さんを始め
、高木さんの地元・神戸のシェフたちが担当。手際よく素晴らしいチーム
力を発揮した。ジャンルを越えた交流は、まさに交流会ならではの光景だった。
高木さんは、「分野が違っても、ゲストが〝おいしい?と思う料理を供するという目的は同じ。
共に切磋琢磨して力を尽くしましょう」とエールを送った。


新年シェフ交流会大阪会場
※納涼シェフ交流会の詳細は2015年10月号に掲載されています。
ご購入はこちらから

飲食関係イベント「第7回新年シェフ交流会」
2015年1月5日(東京)2015年1月7日(大阪)

新年恒例となった「シェフ交流会」も今年で7回目となりました。今年も、ジャンルを問わず集まるシェフ同士の交流、
そして新しい食材の出会いの場として、東西140店からシェフに参加いただきました。

交流会レポートはこちらから


【東京会場】

納涼シェフ交流会東京会場

毎回、交流会ではテーマを設けているが、7回目となる今回のテーマは「畑に帰
ろう!」。畑で食べる野菜や果実のおいしさ、土の匂い、生産者の苦労や信念な
ど、畑に行かなければ知れないものの価値が今、見直されている。

このテーマでデモンストレーションを行ったのは、「リストランテ アルポルト」の
片岡護さんと「リストランテ アル ポンテ」の原宏治さんの〝イタリアン師弟コン
ビ”と、2013年のボキューズドールで3位になった「ホテルブレストンコート ユカ
ワタン」の浜田統之さん、「赤坂四川飯店」の陳建一さんと鈴木広明さんの〝中華
師弟コンビ”。デモンストレーションの最後に登場した陳さんはスペシャリテ「麻婆
豆腐」を作って参加者に配り、これには参加者も大満足の様子だった。
こうした即興的要素があるのも交流会の魅力のひとつ。
最後に大きな盛り上がりを見せ、東京会場は16時に閉会を迎えた。

新年シェフ交流会東京会場


新年シェフ交流会大阪会場

【大阪会場】

東京会場から2日後の1月7日、新年シェフ交流会は「エルテック新大阪」に会場
を移し行われた。「世界中から日本人のモノづくりは評価されています。今後も精
進して腕を磨いていきましょう」と「パティシエ エス コヤマ」の小山さんの発声
で乾杯が行なわれ、デモンストレーションの開始となった。
デモンストレーションは「リストランテ ラッフィナート」の小阪歩あゆ武むさん
、「祗園 さゝ木」の佐々木浩さん、「パティシエ エス コヤマ」の小山進さんが
「畑に帰ろう!」のテーマにふさわしいひと皿を披露した。

デモンストレーションと同様、来場したシェフの目当ては企業・自治体による出展
ブースだ。方々で試食、試飲し出展者に質問するなどコミュニケーションが取られ、その場で交渉するシェフの姿も見られた。
あちらこちらで名刺交換や記念撮影する様子も見受けられ、121名以上が参加した交流会は、盛況のうちに幕を閉じ、充実した1日となった。


新年シェフ交流会大阪会場
※納涼シェフ交流会の詳細は2015年4月号に掲載されています。
ご購入はこちらから

飲食関係イベント「第2回納涼シェフ交流会」
2014年6月30日(東京)2014年7月7日(大阪)

2013年から始まった『料理王国』の夏のイベント、納涼シェフ交流会。
2014年は6月30日に東京ガス業務用厨房ショールーム「厨BO!SHIODOME」(東京・港区)で、
大阪は7月7日に「エルテック新大阪」で開催された。

交流会レポートはこちらから


【東京会場】

納涼シェフ交流会東京会場

毎回、テーマを決めて行われるデモンストレーションは、「豚肉」がテーマ。
夏バテ回復、疲労回復に有効とされるビタミンB1を豊富に含む豚肉は、夏にぴった
りのテーマだ。

東京会場を盛り上げたデモンストレーションシェフは「Wakiya一笑美茶樓」脇屋友
詞さん、「リストランテ・ヒロソフィー」山田宏巳さん、「ラ・ロシェル」坂井宏
行さんと川島孝さんの4人。脇屋さんは、愛媛のブランド豚「愛媛甘とろ豚」を使っ
たトンポーロー、山田”ヒロさん”は青森県の「奥入瀬ガーリックポーク」を使った
ひと皿、フレンチの鉄人・坂井宏行さんと川島孝さんの師弟コンビは鳥取県のブラ
ンド豚「大山ルビー」を使った美しいひと皿を完成させた。

『料理王国』のシェフ交流会のもうひとつの楽しみは、協賛企業・自治体による出展ブースだ。
今回の東京会場には、新年および納涼シェフ交流会を通じて過去最大13社のブースが出展。来場したシェフたちは、試食で味を確かめたり、
出展者とコミュニケーションを取ったりしながら、気に入った食材を探すことができ、直接交渉できる場として好評を得ている。

納涼シェフ交流会東京会場


納涼シェフ交流会大阪会場

【大阪会場】

大阪の納涼シェフ交流会では、開場前からシェフたちが集まり始め、
出展ブースでの試食にも積極的。熱気のある滑り出しとなった。
出展はアルコール飲料から県の特産肉や野菜まで11社と多彩。
会場をフルに使った設営は、目移りするほどの賑わいだった。
「十勝ハーブ牛」や「いわて短角和牛」の焼ける匂いが食欲を刺激。
「パルマハム」のブースでは「ローラン・ペリエのシャンパンにも合いますよ」など
と、ブース間での交流も。会場を巡って食材を一つひとつ真剣に試食しながら、
シェフたちはブースの担当者にもプロならではの鋭い質問をし、デモンストレーシ
ョンの開始を待った。

デモンストレーションは「コシモ・プリュス」の小霜浩之シェフ、「山ばな 平八茶屋」の園部晋吾さん、「オ・グルニエ・ドール」の西原金蔵
シェフ。小霜浩之シェフは「十勝ハーブ牛」、園部晋吾さんは「太白胡麻油」と愛媛県の「絹かわなす」、西原金蔵シェフは石垣島産パイナ
ップルをと青森県の「あおもりカシス」と「アムスメロン」を使ってのひと皿を披露した。
当日は52店97人のシェフやソムリエたちが出席。関西のシェフたちの交流に対する意欲と、意識の高さを再確認する一日となった。

納涼シェフ交流会大阪会場
※納涼シェフ交流会の詳細は2014年9月号に掲載されています。
ご購入はこちらから

飲食関係イベント「第6回新年シェフ交流会」
2014年1月6日(東京)2014年1月8日(大阪)

新年恒例となった「シェフ交流会」も今年で6回目となりました。今年も、ジャンルを問わず集まるシェフ同士の交流、
そして新しい食材の出会いの場として、東西114店から216人のシェフに参加いただきました。

交流会レポートはこちらから


【東京会場】

新年シェフ交流会東京会場

今回のテーマは、この時期の醍醐味「ジビエ」。
シェフが普段から使うジビエで料理をとあって、大きな期待を集めていました。
東京会場のデモンストレーションのトップは「ピアットスズキ」の鈴木弥平さん。
メニューは「猪のポート赤ワイン煮 キャベツ包み」と「黒にんにくのニョッキ」
。猪肉や黒にんにく、クレールなどの持ち味を活かした調理法を紹介するだけで
なく、そこに至るまでの試行錯誤についても詳しく解説してくださいました。

午後の部では、「Toshi Yoroizuka」のシェフパティシエ、鎧塚俊彦さんが、
自身の店でも提供している「柿のグラタン」に、岐阜県特産のイチゴをトッピング
した「柿と苺のグラタン」の作り方を披露。

ル・マンジュ・トゥーの谷 昇さんは、「熟成 群馬氷室豚」のロースで作ったハム、「ホウレンソウ」のソース、
「京丹後フルーツガーリック」を使ったチョコレートのデザートを披露。
その人柄に会場は魅了され、新年シェフ交流会の掉尾を飾るにふさわしい実演でした。

新年シェフ交流会東京会場


新年シェフ交流会大阪会場

【大阪会場】

大阪会場「エルテック新大阪」では前回を上回る49店が参加し、テーマであるジビ
エ料理は珍しい熊を使ったものとあって、参加者の注目度合いもひとしおでした。

デモンストレーションは「リストランテ・イ・ルンガ」の堀江純一郎さん、
「野草一味庵 美山荘」の中東久人さん、神戸ポートピアホテル「トランテアン」
の佐々木康二さん。

会場には「神戸北野ホテル」の山口浩さん、「ルセット」の依田英敏さんなどスタ
ーシェフの姿も見え、会場のそこここで名刺交換や記念写真を撮影するようすが見
られました。今回は特に途中退出する参加者が少なく、デモンストレーションシェ
フたちまでもが最後まで会場に残っていたのも特徴的でまさに交流会と言える実り多い一日となりました。

新年シェフ交流会大阪会場
※第6回新年シェフ交流会の詳細は2014年3月号に掲載されています。
ご購入はこちらから

飲食関係イベント「第1回納涼シェフ交流会」
2013年9月2日(東京)2013年9月4日(大阪)

この夏『料理王国』は初めて、納涼シェフ交流会を開催いたしました。

交流会レポートはこちらから

交流会が「素材に出会える場所」であるのなら、季節を変えて、新しい食材を紹介すべきである、との考えから初開催となった「納涼シェフ
交流会」では現在の料理界の課題でもある「ヘルシー」を交流会のテーマにし、東西のトップシェフたちに、「ヘルシーで旨い」料理に挑戦
していただきました。

納涼シェフ交流会東京会場のデモンストレーションシェフは「ジョエル・ロブション」の
渡辺雄一郎さん、「モンサンクレール」の辻口博啓さん、
「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合務さん。会場には「アル ポルト」
の片岡護さんや「北島亭」の北島素幸さん、北岡尚信さんら、人気シェフ
たちも駆けつけ、華やかな交流会となりました。

大阪会場のデモンストレーションは「ポンテベッキオ」の山根大助さん、
「瓢亭」の髙橋義弘さん、「ルセット」の依田英敏さん。
参加者からは積極的に質問が飛び交い、質問に応じ、会話をしながらの
調理や、試食用の配膳を参加者が自主的に手伝う一幕などもあり、
大阪らしいフランクな雰囲気となりました。

※第1回納涼シェフ交流会の詳細は2013年11月号に掲載されています。
ご購入はこちらから

納涼シェフ交流会東京
東京会場:東京ガス株式会社Studio +G GINZA
納涼シェフ交流会大阪
大阪会場:エルテック新大阪

飲食関係イベント第5回新年シェフ交流会
2013年1月7,8日(東京)2013年1月9日(大阪)

ご好評をいただいている「料理王国・新年シェフ交流会」も今年は5年目を迎え、
東京と大阪合わせて3日間の開催で、200組400名近いシェフに参加いただきました。

交流会レポートはこちらから

新年シェフ交流会第5回となる「新年シェフ交流会」、参加者の「ブースもデモンストレーショ
ンも充実してた」「楽しい会だった」の声にあるように今年は特別な盛り上り
を見せた交流会となりました。

交流会の目玉となるデモンストレーションでは、長年培った技や知識を惜しげ
もなく披露するシェフたちと、それに見入る参加者も料理界を代表するスター
たちで、直接アドバイスしあう姿も目立ちました。

東京会場のデモンストレーションシェフは「ランベリー」の岸本直人さん、
「シルベラード」の中原弘光さん、「HAL YAMASHITA 東京」の山下春幸
さん、「プティポワン」の北岡尚信さん。

大阪会場のデモンストレーションシェフは「水円」岩崎武夫さん、
「イル ギオットーネ」笹島保弘さん、「神戸北野ホテル」山口浩さん 。

ジャンルやキャリアを超えての交流会。普段はライバル同士のシェフたちが、本音で話し合い、情報を交換する有意義な場で有り続けたい。
そんな思いが、ひとつのカタチとなった交流会となりました。

※第5回新年シェフ交流会の詳細は2013年3月号に掲載されています。
ご購入はこちらから

納涼シェフ交流会東京
東京会場:料理王国アカデミーサロン
新年シェフ交流会大阪会場
大阪会場:エルテック大阪

飲食関係イベント第4回新年シェフ交流会
4回目を数えた新年シェフ交流会。
今回は東京・大阪の東西二つの会場で同時開催致しました
第4回新年シェフ交流会東京会場 第5回新年シェフ大阪会場

飲食関係イベント第3回新年シェフ交流会
2011年1月6日(木)、7日(金)の2日間にわたって開催された「新年シェフ交流会2011」。
3つの企業ブースが出展し、自慢の食材や商品を披露。シェフたちも興味深く試していました。
  • 「新年シェフ交流会2011」のご紹介ページはこちら
第5回新年シェフ大阪会場

飲食関係イベント第2回新年シェフ交流会
2010年1月7日・8日の両日にわたり、「新年シェフ交流会」を開催いたしました。
イタリアン・パン・スイーツ・フレンチ・ハワイアン・スパニッシュ・和食・中華など、
ジャンルを超えた多数のシェフの皆様にご参加いただきました。
また、協賛企業の方々にもブースを出展いただき、食材の試食会も同時開催いたしました。
第二回新年シェフ交流会 第二回新年シェフ交流会
第二回新年シェフ交流会
 開催予定
 開催報告
 ├シェフ交流会
 ├セミナー
 ├商談会

 INFORMATION
 メルマガ登録
 定期購読のお申し込み
 バックナンバー常設店
 お問い合わせ

料理王国バックナンバー
料理王国ロゴ
フッダメニュー
料理王国とは 料理王国100選 セミナー・イベント サポーター 会社概要 メルマガ登録
最新号 100選2015 セミナーイベント開催報告 11月号アンケート協力店 採用情報 定期購読のお申込み
バックナンバー 100選2014 シェフ交流会開催報告 10月号アンケート協力店 プライバシーポリシー バックナンバー常設店
購入方法 100選2013   7月号アンケート協力店   お問い合わせ
  100選2012   6月号アンケート協力店    
  100選2011        
フッダメニューCopyright(c) CUISINE KINGDOM INC.