食の未来が見えるウェブマガジン

パリ発・世界進出第一号店「リベルテ」のサラダ&デリランチ


フランス・パリの味を忠実に再現するカフェが吉祥寺にあるって知ってた?

「LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE」(リベルテ パティスリー ブーランジェリー)が東京・吉祥寺にオープンしたのが2018年。もうすぐ2年目を迎えようとするこのお店は、パリに本店を構えるパティスリーとブーランジェリーのお店で、その世界展開のスタートとして選んだのが日本・東京でした。

東京本店で開店するにあたり本店にはないカフェが併設したのは、カフェラバーにとっては大変うれしいニュースでした。それも、フランスでは定番のメゾン・ガッティのカフェチェアやモダンなタイルが敷き詰められた床など空間づくりにもこだわりを詰め込んだ内観です。

この日オーダーしたのは「3種のデリプレート」。季節によって変わる野菜ベースの“おかず”はシンプルながらも香辛料を効かせたもので、この日の内容はフルーツから蓮根やノーザンルビーなどの根菜類まで、非常にバランスの良いものでした。素材を生かした上品な味なのに、もりもりのグリーンサラダがカジュアル感も加えています。

ランチにはこのパンから3~4種類の「お代わり自由のパン」がついてきます。パンには季節替わりのディップ付き。

デザートにはいちごをたっぷり使った「フレジエ」。生地は、アーモンドプードルを使ったしっかり目の焼き菓子風。クリームは、カスタードクリームとバタークリームの中間、クロテッドクリームに近い食感です。小さなメレンゲがいちごに添えられた華やかなケーキです。

1階ではずらりと並ぶパンとケーキ。ショーケースを前に迷うのは必至です!

朝9時から購入することも可能。購入したものをカフェスペースで食べることもできます。
フランス伝統の製造法やパリ本店のレシピを基本に据えつつも、若手シェフ同士が意見やアイデアを出し、生まれた商品を積極的に取り入れる、「自由な発想」を大事にした商品づくりを心掛けているということ。そしてキッチンをガラス張りにすることで、私たちに安心感を与えています。

フランス・パリと東京の交差点となり、文化や思考のミックスとそこから生まれる高まりにより、 新しく魅力ある提案を生み出してくれるお店でした。

パリの文化を感じたくなったらぜひ吉祥寺の「リベルテ」まで行ってみてくださいね。

リベルテ・パティスリー・ブラーランジェリー 東京本店

(LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE)

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-3

1Fショップ&2Fカフェ

9:00~19:00 ※2月より営業時間を変更いたします

定休日:無休 

https://libertejapon.com/


SNSでフォローする