食の未来が見えるウェブマガジン

和食の王道「京都」で一度は訪れたいミシュラン掲載の天ぷらの名店5店


天ぷらは日本食の代表選手です。
同じく日本文化の代表と言えば京都が挙げられます。
つまり、日本の代表同士の組み合わせをミシュランが選んだらどうなるのか。今回ミシュランが選んだ5つの天ぷらの名店を紹介していき、まとめました。
ミシュランが選ぶだけあり、お店は様々でいずれも楽しめる名店です。

京都の老舗の技が光る天ぷらの名店「天ぷら 京星 」

京都の古からの繁華街である祇園に店を構える天ぷらの老舗です。現当主は三代目であり、伝統に裏打ちされた技術は目を見張るものがあります。清流を泳ぐ鮎を模った鮎の天ぷらはあたかも衣をまとってまだ生きているかのような美しさ。ただ美しいだけでなく軽やかな歯ごたえや食べた際の食感も意識した揚げ方をしている点も注目です。

店舗名:天ぷら 京星
電話番号:075-551-2303
所在地:京都府京都市東山区祇園花見小路末吉町東入ル 双葉ビル1F

リーズナブルな値段でありながらミシュラン獲得「奇天屋 」

ミシュランと言えば、高級料理であり、天ぷらは高級料理の一つとして知られています。しかし、この奇天屋はそういった常識を覆すお店であり、クオリティも非常に高いレベルにあります。価格も2,000円程度と京都と天ぷらというキーワードが重なったこのエリアの相場からするとかなりリーズナブルな価格設定です。

店舗名:奇天屋
電話番号:075-365-9108
所在地:京都府京都市下京区綾小路高倉西入ル神明町230-9

高級ホテルで楽しむ京都の天ぷら!「天麩羅 水暉 」

京都の高級外資系ホテルであるリッツカールトン京都にある天ぷら店です。一流ホテルに入るだけあり、その質の高さは指折りで天ぷらの味を楽しむだけでなく、素材が入る際の音や揚がった時のフレッシュな印象などのライブ感も大事しています。ただ味を楽しむだけでなく音や視覚など五感をフルに天ぷらに向けさせてくれるのが魅力です。

店舗名:天麩羅 水暉(みずき)
電話番号:050-3313-6722
所在地: 京都府京都市中京区鴨川二条大橋畔 ザ・リッツ・カールトン京都B1
HP:https://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/japan/kyoto/dining/tempura-mizuki

ベテラン天ぷら職人の技が光る天ぷらの店「天ぷら よしおか」

軒先の「天」の一文字が天ぷらのお店であるという気概を感じさせます。店内に入ると年配の老練な天ぷら職人とおかみさんが迎えてくれ、9席のカウンターは出来たてをすぐに食べていただきたいという店主の思いが伝わってきます。流行りに流されず、一途に揚げた天ぷらは味の説明を必要としません。そんな高いレベルの天ぷらを気軽にいただける名店です。

店舗名:天ぷら よしおか
電話番号:075-351-8537
所在地:京都府京都市下京区高倉通仏光寺上る西前町377−4

京都の老舗旅館が手掛ける京都の伝統を感じる天ぷら店「点邑(てんゆう)」

ホテルにはハイレベルなレストランや料理店があります。では、旅館はと聞かれると言葉に詰まることも少なくありません。そんな中京都屈指の老舗旅館「俵屋旅館」の回答が、この天ぷら店です。老舗旅館が長年培った食のノウハウを衣に包んだその味は絶品。店の入り口から雰囲気を楽しめるのも見どころの一つで店と天ぷらの両方を高いレベルで楽しめます。

店舗名:点邑(てんゆう)
電話番号:075-212-7778
所在地:京都府京都市中京区麩屋町 三条上ル下白山町299

京都、天ぷら、共通項は日本の代表的な存在。そんなゴールデンコンビとも言える組み合わせで今回紹介を行いました。高級なお店もあれば庶民的なお店もあり、かつて和食のファーストフードになっていた江戸時代を感じさせる気軽なものも少なくありません。もちろん伝統に裏打ちされた高級店で本格的な天ぷらを頂くのもおすすめです。


SNSでフォローする