食の未来が見えるウェブマガジン「料理王国」

絶妙なタイミングは神業。東京で食べたいミシュラン掲載の天ぷら店5選


カウンター越しに絶妙なタイミングで揚げられる天婦羅。音の変化を見逃すことなく匠の技で仕上げられる天婦羅は凛とした力強い姿を見せてくれます。今回は都内において、揚げ方ひとつで味が変わる極上の天婦羅を味わえる名店をご紹介します。

揚げるだけでない蒸し・脱水・焼きを取り入れた新感覚天婦羅「江戸前晋作」

“揚げ”だけではなく計算しつくされた“蒸し”・“脱水”・“焼き”の工程をネタに合わせてひと手間かける天婦羅を味わえるのが「江戸前晋作」。素材の旨みを最大限に活かす手間暇を欠かすことなく衣の中で素材が活かされるのがわかります。わずか7席のカウンター席は特等席であり、そこに座り極上の天婦羅が揚がる瞬間を眺めながら提供された天婦羅を味わえる至極の時間を体験できます。

店舗名:江戸前晋作
電話番号:03-5615-8728
所在地:東京都文京区本郷4-2-4 加藤ビル1F
HP:https://www.shinsaku.tokyo/

名ブランド“なだ万”で30年の経験を積んだ店主が手掛ける極上の天婦羅「てんぷら 阿部 八丁目店」

日本料理の名ブランド「なだ万」で30年腕を振るった店主が作るこだわりと歴史のある天婦羅をあじわえるのが「てんぷら 阿部 八丁目店」。熟練した目利きと丁寧な下ごしらえにより素材の旨みをシンプルに引き出した天婦羅は王道とも言える逸品です。ゆったりとしたテーブル席に、目の前で揚げる工程を楽しめるカウンター席と利用シーンに合わせて使い分けできるのもポイント。天婦羅の神髄を体験できる名店、一度は訪問しておきたいスポットでもあります。

店舗名:てんぷら 阿部 八丁目店
電話番号:03-5537-7575
所在地:東京都中央区銀座8-7-2 藤井2ビル 3F
HP:https://tempura-abe-ginza8.gorp.jp/

日本三大天婦羅の一つ“山の上”の技術を引き継ぐ新進気鋭な天婦羅「てんぷら下村」

日本三大天婦羅店の一つである「てんぷらと和食 山の上」で20年の経験を積み独立した店主が高級店よりもリーズナブルな価格で天婦羅を楽しんでほしいという想いからオープンしたのが「てんぷら 下村」。店主自ら日々食材の目利きから仕入れ、そして下ごしらえまでを行っており、最高の天婦羅を味わうための準備がされています。中でも40分かけてじっくりと揚げるサツマイモの天婦羅は「山の上」ブランドの代名詞とも言え、甘さがしっかりと閉じ込められた立体感のある一品を味わえます。ゆったりとした10席のカウンター席から店主の技術と会話を楽しみながら天婦羅を楽しめます。

店舗名:てんぷら下村
電話番号:03-5809-2866
所在地:東京都台東区三筋1-11-13 1F
HP:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13213663/

都内にいながら静岡県の魅力を天婦羅と蕎麦で楽しめる名店「日本橋 蕎ノ字」

静岡県の蕎麦屋に生まれた店主は静岡県愛を感じる天婦羅を楽しませてくれます。素材は静岡県産にこだわり、さらに実家の蕎麦屋の味も楽しんでほしいという想いから、天婦羅の締めには蕎麦が提供されるほど。蕎麦は二八そばであり、毎日店主自ら手打ちをしているのがこだわりのポイントになります。わずか8席のカウンター席が広がり、野菜や魚介類などが目の前で次々に揚げられる姿を楽しむことができます。肩ひじ張ることなく、店主との会話を堪能しながら天婦羅と蕎麦に舌鼓できるひと時を過ごせます。高級店よりも比較的リーズナブルな価格であり、訪れやすさも感じさせます。

店舗名:日本橋 蕎ノ字
電話番号:03-5643-1566
所在地:東京都中央区日本橋人形町2-22-11
HP:http://www.sonoji.info/

天婦羅のための素材ではなく、素材のための天婦羅を味わえる名店「天ぷら 元吉」

天婦羅を揚げるために素材があるのではなく、素材の旨みを活かすために天婦羅を選択しているという店主のこだわりを楽しめるのが「天ぷら 元吉」になります。江戸前の味を守りながら胡麻油の香りを強く感じさせず素材の旨みを活かした天婦羅に出会えます。野菜をはじめ一つ一つの素材には最適の味わうタイミングと調理法があり、そのこだわりを追求した天婦羅はこれまで味わったことのない品々になります。サクッとした天婦羅だけでなく、日本料理店で修業を積んだ店主だからこそ提供できる日本料理を取り入れた品も味わえます。接待や会食だけでなくデート利用もして行けるなど利用シーンに合わせて使い分けできるのがうれしいポイントになります。

店舗名:天ぷら 元吉
電話番号:03-3401-0722
所在地:東京都港区南青山3-2-4 セントラル青山No.6 BA
HP:http://motoyoshi-1120.com/

揚げるシンプルな工程でありながら、その揚げを極めた匠の天婦羅は名店それぞれの味と食感の違いがあります。サクッとした食感の中から食材の旨みが広がる天婦羅は匠ならではの技術。今回はミシュランに選出された名店のみのご紹介です。大切な食事の場で是非一度体験してみてはいかがでしょうか。


SNSでフォローする