食の未来が見えるウェブマガジン「料理王国」

「すきやばし次郎」小野ニ郎の「すし屋の心得」

すし屋の門を初めてたたいてから50年以上もの間、すしを握り続ける銀座「すきやばし次郎」の主、小野二郎さん。彼が求め続けるすしとは、職人の姿とは。二郎さんが「もっとも信頼していて話しやすい」と名をあげる料理評論家、山本益博さんが、その言葉を聞きだす新連載。ジャンルを超えてすべての料理人に伝えたい。