食の未来が見えるウェブマガジン

世界各国から届いた話題のグルメ情報。パリ編

パリ コンコルド広場の新名所に美食のスポット登場

最新グルメ情報・パリ編①
3つ星シェフのヤニック・アレノ、チョコレートブランド創立

世界中にレストランを展開し、ミシュランの星を13個持つ料理人ヤニック・アレノ。本拠地パリの「パヴィヨン・ルドワイヤン」には、レストラン「アレノ・パリ」、和食店「ラビス」、高級ブラッスリー「パヴィヨン」の3軒を内包。ミシュランの3つ星、2つ星、1つ星をそれぞれが獲得するという快挙を果たし、止まらない挑戦は常に注目されている。

そのアレノが、腹心であり、ともに洗練された食卓を約束してきたシェフ・パティシエのオーレリアン・リヴォワールとともにショコラトリー「Alléno&Rivoire Chotolatiers」を昨年12月中旬にパリ7区にオープン。リヴォワールは「ゴー・エ・ミヨ」でも2021年最高パティシエ賞に輝いている。

「誰もが知るチョコレートという素材から新しい驚きを生み出すのは難しい。しかし、今までにはない表現で、新しい喜びを提案したい」とリヴォワール。料理の観点からアプローチし、魅力を存分に引き出していく心づもりだそう。

次ページ:チョコレートへのアプローチ例と、コンコルド広場の新名所に登場した美食スポット



このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
「料理王国Web無料会員」にご登録いただくと、登録した方だけにご覧いただける本誌のバックナンバーの閲覧、無料会員限定記事をお読みいただけるほか、メールマガジンで、プレゼントや特別イベントなどのご案内をお届けします。会員の方はログインしてください。
会員登録はお済みですか?

SNSでフォローする