食の未来が見えるウェブマガジン

あさりのうま味が絶品!ボンゴレビアンコの作り方


「スパゲッティ ボンゴレビアンコ」 トラットリア・パッパ 松本 喜宏シェフ

あさりの出汁と白ワインの風味が香るパスタの定番、ボンゴレビアンコ。

今回は、魚介の味を最大限に引き出したソースがパスタによく絡むボンゴレビアンコを「トラットリア・パッパ」松本シェフに解説していただきました。

あさりのうま味がたっぷり染み出たソースが絶品のひと皿。
ご家庭でも作りやすいレシピです。

【シェフ直伝・秘伝の調理方法 その1】

香りの強弱を自在に操るニンニクの扱い方

熱する前のフライパンにオリーブオイル、細かくみじん切りにしたニンニク、鷹の爪を加えて火を付け、ゆっくり火を入れていきます。
ニンニクは、香りを強く出したいときほど細かく、少し弱い香りにしたいときはスライスに、さらにまろやかな香りにしたいときは丸ごと、またはつぶしたものを入れてあとで取り出すことができます。

動画はこちらから!

https://www.youtube.com/watch?v=LZzXRtTEa2g&feature=youtu.be

【シェフ直伝・秘伝の調理方法 その2】

食べる人に一番おいしい状態を味わっていただくためのひと手間

「あさりは殻ごとのほうが豪華に見えますが、食べづらいので殻から実を外しましょう。 スパゲッティは早く食べて欲しいので、食べる人の手間をここで省いておくということです」と松本シェフ。

動画はこちらから!

https://www.youtube.com/watch?v=LZzXRtTEa2g&feature=youtu.be

【シェフ直伝・秘伝の調理方法 その3】

パスタとソースがよく絡む 乳化のポイント

ゆであがった麺をソースで煮ることでソースを乳化させ、あさりのうま味を麺に乗せていきます。そのため、麺は標準ゆで時間より1~2分短めにすることがポイント。ソースがとろみのあるドレッシング状になるまで、混ぜながら煮ます。
動画では松本シェフが工程を丁寧に解説してくださいました。ぜひご覧ください!

動画はこちらから!

https://www.youtube.com/watch?v=LZzXRtTEa2g&feature=youtu.be

【講師紹介】

大阪市西区のイタリア料理店「トラットリア パッパ 」。 オープンキッチンを備えた明るい雰囲気の店内で、松本シェフが毎朝市場で仕入れる新鮮な魚介を中心としたイタリア料理をお楽しみいただけます。

動画はこちらから

https://www.youtube.com/watch?v=LZzXRtTEa2g&feature=youtu.be

【店舗名】 Trattoria Pappa トラットリア パッパ
【住所】 〒550-0013 大阪市西区新町2-3-9 センユー四ツ橋1F  
【電話】 06-6536-4188
【営業時間】 昼 11:30~14:00
       夜 17:30~ 最終入店 20:00
【定休日】 毎週日曜日・第3月曜日
【URL】 https://www.pappa.jp/


SNSでフォローする