食の未来が見えるウェブマガジン

手間いらずで見た目も華やか!鯛のアクアパッツァ風


「鯛のアクアパッツァ風」 トラットリア・パッパ 松本 喜宏シェフ

イタリア・ナポリの伝統料理、アクアパッツァ。
本来は水・ドライトマト・魚でつくる料理ですが、今回は「トラットリア・パッパ」 の松本シェフが、家庭でもつくりやすいアレンジレシピを解説してくださいました。

魚介や野菜のうま味を余すところなく楽しめる、見た目も華やかなひと皿です。

【シェフ直伝・秘伝の調理方法 その1】

香りの強弱を自在に操るニンニクの扱い方

鯛は反り返らないように皮目に切れ込みを入れて下味を付けたら、小麦粉を付けて焼きます。ポイントは、きれいな焼き色が付くまで両面しっかり焼くこと。
あとで煮込む際に、ソースに濃度を出す狙いもあります。

動画はこちらから!

https://www.youtube.com/watch?v=Ei1uZd4pZh0&feature=youtu.be

【シェフ直伝・秘伝の調理方法 その2】

うま味を生かすトマトの調理法

トマトは丸ごと入れ、皮と果皮の間に多く含まれるうま味を活かすことがポイント。
蓋をし、 トマトは途中でつぶして3~4分強火で煮込みます。

動画はこちらから!

https://www.youtube.com/watch?v=LZzXRtTEa2g&feature=youtu.be

【シェフ直伝・秘伝の調理方法 その3】

乳化させて仕上げる バジル香るソース

鯛と貝類をお皿に取り分けた後、残りの具材をふたたび火にかけ、ここで香りの強いバジリコを投入。
さらに強火にして、ゆっくりとオリーブオイルを加えながらフライパンを回し、ソースがドレッシング状になるまで乳化させます。

動画はこちらから!

https://www.youtube.com/watch?v=Ei1uZd4pZh0&feature=youtu.be

【講師紹介】

大阪市西区のイタリア料理店「トラットリア パッパ 」。 オープンキッチンを備えた明るい雰囲気の店内で、松本シェフが毎朝市場で仕入れる新鮮な魚介を中心としたイタリア料理をお楽しみいただけます。

動画はこちらから

https://www.youtube.com/watch?v=Ei1uZd4pZh0&feature=youtu.be

【店舗名】 Trattoria Pappa トラットリア パッパ
【住所】 〒550-0013 大阪市西区新町2-3-9 センユー四ツ橋1F  
【電話】 06-6536-4188
【営業時間】 昼 11:30~14:00
       夜 17:30~ 最終入店 20:00
【定休日】 毎週日曜日・第3月曜日
【URL】 https://www.pappa.jp/


SNSでフォローする