食の未来が見えるウェブマガジン

ミシュラン一つ星シェフが伝授!食卓に新たな風を吹かせる 黒いカレーのつくりかた


現在、抽選でプレゼントが当たるキャンペーンを実施しております。詳細は、下記公式チャンネル内、コミュニティにてご確認ください

https://www.youtube.com/channel/UCfUOJ3KybskczP3gTvaB2BQ/featured

【料理王国×FOOVER】プロが作る絶品レシピ動画を公開中

料理王国はこの度グルメスタジオFOOVERと共同で、シェフによるレシピ動画の公開を開始致しました。

ミシュラン掲載店のトップスターシェフや、予約の取れない有名店シェフにプロの味と技、本格的な料理からご家庭でつくって頂けるレシピまで幅広いレシピを動画で分かりやすく解説します。今後も有名トップシェフの料理と技を続々アップしてまいります。

#27 「イカスミシーフードカレー」 リストランテキメラ 筒井光彦シェフ

カレーをイチから自分で作りたい、という欲望は、突然やってきます。
お家で過ごす時間も長くなりがちな今日この頃、新たなマイカレーレシピを模索する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、 お家カレーのローテーションに一石を投じる「イカスミシーフードカレー」のつくり方を筒井シェフに解説していただきました。
見た目のインパクトも絶大、一風変わったカレーにぜひチャレンジしてみてください。

【シェフ直伝・秘伝の調理方法 その1】

うま味を出す具材のポイント

ルーの一部になるようにパンチェッタを細かくカットします。 「魚介のカレーですが、お肉のうま味を入れてあげるとよりおいしくなります」と筒井シェフ。 ベーコンやソーセージでも代用できるそう。少し焦げるくらいまで炒めるほうがうま味たっぷりに仕上がります。

【シェフ直伝・秘伝の調理方法 その2】

具材炒めの気配りで奥行きのある味わいに。

スパイス類は炒めると香りがしっかり出るため、液体を入れる前に加え鍋の底にくっつかないように炒めます。
トマト缶はジャム状になるまでしっかり煮詰めてから具材に加えることが肝心なポイントです。

【シェフ直伝・秘伝の調理方法 その3】

味付けの肝、イカスミ投入のタイミング

イカスミペーストは塩分が強いため、具材を煮詰めたあとに入れるのがポイント。 入れる前の段階では薄味ですが、 最後にひと煮立ちほどさせるとちょうど良い塩加減になります。

【シェフ紹介】

京都祇園に佇むミシュラン一つ星の名店「リストランテキメラ」。 京都産の食材をつかい、シェフたちが技巧を凝らしたイタリア料理をご堪能いただけます。

プロの技を動画でご確認ください

https://youtu.be/NGOplOiwj3Y

=店舗紹介=
【店舗名】 リストランテ キメラ
【住所】 〒605-0074 京都市東山区祇園町南側504
【電話】  075-525-4466
【営業時間】 昼 12:00~14:00
       夜 18:00~21:00
【定休日】  水曜日
【URL】 http://gion-chimera.com/

グルメスタジオFOOVERとは?】

グルメスタジオFOOVER(フーバー)は、本当に美味しい料理、スイーツ、パンを有名トップシェフ、パティシエ、ブーランジェリーに学べるスタジオとしてオープンいたしました。

FOOVERは食に感度の高いフードラバーが集まり、トップシェフのプロの技を直接教室で体験でき、何処にいてもプロの技を映像で学べる、料理教室とは違う新しいタイプのグルメスタジオです。

講師はミシュラン掲載店や予約の取れない人気店のシェフに依頼しており、世界に誇れるコンテンツとしてお客様にご好評をいただいています。


SNSでフォローする