食の未来が見えるウェブマガジン

夏パスタの大本命!パンチェッタと茄子のトマトスパゲティのつくりかた


現在、抽選でプレゼントが当たるキャンペーンを実施しております。詳細は、下記公式チャンネル内、コミュニティにてご確認ください

https://www.youtube.com/channel/UCfUOJ3KybskczP3gTvaB2BQ/featured

【料理王国×FOOVER】プロが作る絶品レシピ動画を公開中

料理王国はこの度グルメスタジオFOOVERと共同で、シェフによるレシピ動画の公開を開始致しました。

ミシュラン掲載店のトップスターシェフや、予約の取れない有名店シェフにプロの味と技、本格的な料理からご家庭でつくって頂けるレシピまで幅広いレシピを動画で分かりやすく解説します。今後も有名トップシェフの料理と技を続々アップしてまいります。

#30 「パンチェッタと茄子のトマトスパゲティ」 リストランテキメラ 筒井光彦シェフ

手軽で栄養豊富な夏野菜をたくさん食べたい今の季節。

今回は、気張らずおいしい「パンチェッタと茄子のトマトスパゲティ」のつくり方を筒井シェフに解説していただきました。

【シェフ直伝・秘伝の調理方法 その1】

茄子の下ごしらえは手間をかけない

フライパンで炒めると時間が掛かり、油もたくさん吸ってしまう茄子。
ある簡単な下ごしらえをするとこで味がなじんで使いやすい状態に!

動画はこちらから!

https://youtu.be/5h_WlyEzPrE

【シェフ直伝・秘伝の調理方法 その2】

ソースづくりはあせらない

にんにくの香り出しは、オリーブオイルが冷たい状態で入れじょじょに温度を上げながら少し色づく程度に炒めると、香りが良く出ます。
ニンニクとパンチェッタを炒め、タマネギを加えたら、しゃりっとした感触がなくなるまで炒めます。火入れ加減は一貫して、中火から弱火にすることがポイント。「強火にしてしまうと、タイミングを逃しやすいです。ゆっくりタイミングを見て、ひとつずつがベストな状態で工程を進めると、良いソースができます」と筒井シェフ。
トマト缶を加えたら、酸がなくなるまで煮詰めます。早々に茄子を入れてしまうのはNG。
トマトケチャップのような甘味が出てきたら、パスタの煮汁でソースを緩くしたのち、茄子とフレッシュのトマトを加えます。

動画はこちらから!

https://youtu.be/5h_WlyEzPrE

【シェフ直伝・秘伝の調理方法 その3】

パスタを和えるときは汁気を残さない

細いパスタはアルデンテの時間が短いため、和える時間を逆算し、早めにお湯から上げます。
ソースがきれいに絡み、汁気が出てこないくらいがちょうど良い仕上がりです。

動画はこちらから!

https://youtu.be/5h_WlyEzPrE

【シェフ紹介】

京都祇園に佇むミシュラン一つ星の名店「リストランテキメラ」。 京都産の食材をつかい、シェフたちが技巧を凝らしたイタリア料理をご堪能いただけます。

プロの技を動画でご確認ください

https://youtu.be/5h_WlyEzPrE

=店舗紹介=
【店舗名】 リストランテ キメラ
【住所】 〒605-0074 京都市東山区祇園町南側504
【電話】  075-525-4466
【営業時間】 昼 12:00~14:00
       夜 18:00~21:00
【定休日】  水曜日
【URL】 http://gion-chimera.com/

グルメスタジオFOOVERとは?】

グルメスタジオFOOVER(フーバー)は、本当に美味しい料理、スイーツ、パンを有名トップシェフ、パティシエ、ブーランジェリーに学べるスタジオとしてオープンいたしました。

FOOVERは食に感度の高いフードラバーが集まり、トップシェフのプロの技を直接教室で体験でき、何処にいてもプロの技を映像で学べる、料理教室とは違う新しいタイプのグルメスタジオです。

講師はミシュラン掲載店や予約の取れない人気店のシェフに依頼しており、世界に誇れるコンテンツとしてお客様にご好評をいただいています。


SNSでフォローする