食の未来が見えるウェブマガジン「料理王国」

具を選ぶのも楽しい。知っておきたいミシュラン掲載の東京おでん名店5店

具を選ぶのも楽しい。知っておきたいミシュラン掲載の東京おでん名店5店

寒い日にはおでんが食べたくなるものです。
誰かと一緒にでもいいし、一人で食べるのでもいい。
ふと思い立ったときの為に、美味しいおでんを出す店舗があることを知っておいて損はないはずです。
ミシュランも認めている、素敵な店舗をいくつかご紹介します。

いつでも美味しいおでんが食べられる貴重なお店「田のじ」

鰹出汁がしっかり効いた京おでんを出す店舗です。
金色で透明な出汁は気品さえ感じるほど。優しい味の中にも洗練されたコクと旨味があります。
トマトのおでんが名物で、柔らかくも食感を損なわず、出汁とよく合う新しい味わい。
季節関係なく美味しいおでんが食べたくなったら訪ねてみてください。

店舗名:田のじ
電話番号:03-3954-3855
所在地:東京都新宿区下落合3-2-16 第三大鉄ビル
HP:https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130502/13012452/

職人気質な店主の腕前が光る「新橋 かま田」

大人飲みが似合う上品な雰囲気のお店です。
まずはコース料理のようにお決まりのおでんをいただき、それから単品の注文に入るシステム。
それぞれの具材毎に異なる出汁を使って一皿一皿仕上げる、素材を活かした味わいとなっていて一品一品を楽しめます。
量も適度でお酒も良いものを取り揃えていて、通いたくなるようなお店です。

店舗名:新橋 かま田
電話番号:03-3502-5133
所在地:東京都港区新橋2-11-5
HP:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13079995/

古風な雰囲気漂う老舗の名店「こなから 本店」

昭和レトロな風情が漂う店構えと内装で店に入るだけでも楽しくなる方も多いと思います。
靴を脱いで中に入ると、カウンター中央に置かれピカピカに光っている特注ひょうたん鍋が目に留まります。
大根もひょうたんの形になっており、トレードマークになっていることがよく分かる。
おでんは京風で出汁は薄く上品な味わい。一品物もとても美味で、おでんの前に食べすぎないように注意してください。

店舗名:こなから 本店
電話番号:03-3816-0997
所在地:東京都文京区湯島1-9-6
HP:http://konakara.com/

何度でも行きたくなる、創作おでんの名店「串駒房」

創作おでんを出す、ちょっとした小料理店のような雰囲気の店舗です
おでんの出汁は、鶏ガラスープにかつおと昆布の出汁をブレンドし、塩で仕上げたオリジナルの出汁。
一皿ずつ別々に味付けされ、変わり種として豆腐ちくわ、トマト、焼き鯖などもあり、斬新な味わいを楽しむことができます。
日本酒も各種取り揃えており、雰囲気も相まってつい呑みすぎてしまうことも。

店舗名:串駒房
電話番号:03-3916-0355
所在地:東京都豊島区北大塚1-33-27 T&R’S3 1F
HP:http://www.kushikoma.com/

懐石料理として仕上がった高級なおでん「あざぶ 一期」

懐石料理としておでんを出す、京町屋のような佇まいの落ち着いた店舗です。
コースを頼むと数品がおでんとなるが、アラカルトで好きなだけ選ぶことも可能。
懐石料理として高められたおでんは一品一品が丁寧に作られ、料理としてしっかり味わえるものとなっています。
素晴らしいお酒、素敵な雰囲気の演出、質の高いサービスが受けられるので、少し贅沢したい時に是非訪れてみてほしいお店です。

店舗名:あざぶ 一期
電話番号:050-5868-9451
所在地:東京都港区麻布十番2-5-14 マイコーナービル B1F
HP:http://www.azabu-ichigo.com/

どこも素晴らしい店舗ばかりでしたが、それぞれ作られている雰囲気は違っています。
和気あいあいとした雰囲気の中で、店員やお客さん達と楽しく飲食するか。
洗練された味わいを楽しむ為、ゆったりとした雰囲気の中で飲食するか。
その時の気持ちに合わせて、行きたい店舗を選んでみてはいかがでしょうか。


SNSでフォローする