食の未来が見えるウェブマガジン「料理王国」

食材そのものの味を引き立たせる新和食は究極の「家庭料理」。【六本木・和食】HAL YAMASHITA 東京


  メディアでもおなじみの山下春幸シェフは、神戸出身。さまざまな国の料理店が軒を連ねる環境で育ち、大学卒業後は料理の見聞を広げるため世界各国をまわり、グローバルな視点を培った。その型にはまらない料理技法で“新和食”という新たなカテゴリーを確立する。素材の息吹を感じられるよう「料理はせず、味付けは手を施す程度。家庭料理にほんの少し手を加えただけ」と山下シェフ。「新和食は“引き算”して素材そのものの味を引き立たせる料理」と語る。

  素材に関しては、自らを「おたく」と称するほどのこだわりを見せる。昨年からは自社農園を試験的にスタート。「安全性はもちろん、自分の畑なら、自分の料理に合わせて野菜を作ることができますからね」という山下シェフの料理は、それだけで充分に主役を張れるだけの上質な素材を、ジャンルにこだわらない独創性の高い調理法との組み合わせで供される。なかでも「神戸牛ひうちの生雲丹巻 スモークキャビアを添えて」は、年に8万オーダー出るというスペシャリテだ。アジア最大級の美食の祭典「ワールド グルメ サミット シンガポール/アブダビ」に日本代表として連続選出され、世界にも称された究極の「家庭料理」は驚きと喜びに満ちあふれている。

エグゼクティブシェフ 山下春幸さん
1969年神戸生まれ。料理の見聞や技術、とらわれない感覚を養うため世界各国で修業を積む。2003年「NADABAN DINIG」神戸元町、2007年「HAL YAMASHITA東京」、2012年「トップテーブル 東京スカイツリータウン」をオープン。独自の視点・とらわれない料理技法・伝統的な日本のスタイルに、今までにない斬新な組み合わせを取り入れた山下の料理は「新和食」と呼ばれ、世界から本物と謳われている。2012年5月にはビジネス書「レストランは小さなビジネススクール」を上梓、10月には「HAL YAMASHITA 大阪梅田」をオープン予定。

料店名 (フリガナ)HAL YAMASHITA 東京(Hal Yamashita Tokyo)
料理ジャンル和食
所在地東京都港区赤坂9丁目7-4 D-0119 (東京ミッドタウン 1F)
路線都営大江戸線 六本木駅 8番出口より直結
東京メトロ日比谷線 六本木駅 4a出口側から地下通路を経由し8番出口より直結
東京メトロ千代田線 乃木坂駅 3番出口より徒歩約3分
東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 1番出口より徒歩約10分
ホームページhttp://www.hal-yamashita.com
お問い合わせ電話:03-5413-0086
営業時間(ランチ・ディナー)ランチ(2部制)
平日    11:00~13:00、13:15~15:00
土日祝祭日 11:30~13:30、13:45~15:30
ディナー 17:30~23:00(L.O.)
定休日月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
オープン年月日2007/03/30/00/00
使えるクレジットカードJCB/VISA/Master Card/UC/DC/UFJ/ダイナースクラブ/アメリカン・エキスプレス/NICOS/セゾン/MUFG/JACCS/OMC/オリコ
サービス料/総席数10% / 61 席
シチュエーションデート/パーティ/接待・会食/記念日/女性同士のランチ
設備禁煙/夜景がきれい/個室あり/駅から徒歩3分以内/駐車場あり/カウンターあり
サービス車いすOK/ワインにこだわり/ベジタリアンメニューあり/ランチ営業あり
アクセス(MAP)

SNSでフォローする