食の未来が見えるウェブマガジン

キッチンの必需品!シェフが惚れ込む調味料3選 岩坪 滋さん(イル プレージョ)

一流シェフたちが「自分の料理に欠かせない」と惚れ込む調味料とは、どのようなものか? この連載ではシェフに愛用する3種類の調味料を紹介する。

今回登場するのはイタリア料理レストラン「イル プレージョ」の岩坪滋さん。

いわつぼ・ゆたか
1978年東京都生まれ。調理師学校卒業後、「アクアパッツァ」に入り5年間働いたのちに渡伊。ピエモンテ州、カンパーニァ州、ヴェネト州、サルディーニャ島で働きシチリア島でも研修するなど、イタリアの北から南までの料理と食文化を3年間にわたり学ぶ。帰国後「リストランテ カシーナ・カナミッラ」料理長などを経て2012年10月「イル プレージョ」を独立開業する。

              *****

岩坪さんが調味料を選ぶ際に重視するのは、まずは個性。そして生産者や流通業者の情熱も大きいという。今回紹介したものはいずれも、熱い思いを持つ人が介在している品。だからこそ生まれる高い品質、際立った個性に岩坪さんは惹かれている。

【トップシェフが選ぶ調味料①】カメルーン ペンジャ産 白コショウ
(フランス テール・エクゾティック社 輸入元 デニオ総合研究所)

品質、独自性、希少性を徹底的に重視し、世界からスパイスを集めているテール・エクゾティック社。ペンジャ産のコショウは同社の創業者が最初に虜になり、会社設立のきっかけになったという特別なアイテム。岩坪さんが惚れ込んだのは、そのペンジャ産の白コショウだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
「料理王国Web無料会員」にご登録いただくと、登録した方だけにご覧いただける本誌のバックナンバーの閲覧、無料会員限定記事をお読みいただけるほか、メールマガジンで、プレゼントや特別イベントなどのご案内をお届けします。会員の方はログインしてください。
会員登録はお済みですか?

SNSでフォローする