食の未来が見えるウェブマガジン

週5日の常連さんも!築地場外の穴場バル「築地TAMATOMI」


連日満席の魚河岸バル 築地TAMATOMI(タマトミ)

 築地の場外市場を通り抜け、路地に入るとすぐ、「築地TAMATOMI」の看板が目に入る。夜8時、店に入ると店主の望月貴正さん、スタッフの松井功介さん2人が笑顔で迎えてくれた。この日も9席のカウンターはゲストでいっぱいだ。

昼間はタバコを販売している。入口脇には自販機もあり、店内はもちろん喫煙可能だ。

「ワインと新鮮な魚介料理が楽しめる海鮮バル。1軒ぐらいそんなお店が築地にあってもいいかなって」と望月さんは笑う。日替わりの魚介料理は25種類ほどで、「マグロの脳天フリット」「タラの白子のアヒージョ」など、毎朝築地で仕入れる魚介を使った地中海料理に、ランブルスコを合わせるなど、種類豊富なワインとの意外な出会いも楽しめる。

 4・5坪の店内は今日も、お客さんの笑い声で溢れている。

ブリのカルパッチョ
素材を活かすため、上に振りかけるのはオリーブオイルと刻んだネギ、塩、コショウのみ。ほどよくのった油が舌に心地よく、微発発泡のランブルスコを一口含めばやみつきになる。この日は新潟県・佐渡のブリだったが、1月からはより油がのった富山県・氷見のブリが入る。

魚河岸バルを盛り上げるオススメ5本!

(左から)
・ コンテッサ・マチルダ ランブルスコ ディ ソルバーラ セッコ[イタリア/エミリア=ロマーニャ]
・ カサーリ プラ ディ ボッソ レッジアーノ ランブルスコ [イタリア/エミリア=ロマーニャ]
・ カベルティ ランブルスコ グラスパロッサ[イタリア/エミリア=ロマーニャ]
・ ヴィニエティ デル ヴルトゥーレ アリアーニコ デル ヴルトゥーレ [イタリア/バジリカータ]
・ クズマーノ インソリア 2011[イタリア/シチリア ]

望月貴正さん Takamasa Mochizuki
1975年、東京・築地生まれ。両親は築地でたばこ屋とサンドイッチ屋を営む。厨房でフライパンを振る父親の姿に憧れ料理人を志し、その後、都内のフレンチレストランなどで料理を学ぶ。父親の引退を機に、店舗を改装して、2010年築地タマトミを開店した。

魚河岸バル 築地タマトミ
TSUKIJI TAMATOMI

東京都中央区築地4-10-12
03-6278-7765
● 夜 18:00~00:00(23:00LO)金・土~翌2:00(翌1:00LO)
● 日祝、築地市場休市日休
● アラカルトのみ


CUISINE KINGDOM=取材、文 絵鳩正志=撮影

本記事は雑誌料理王国第246号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は第246号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする