食の未来が見えるウェブマガジン

葡萄畑の真ん中で フランスらしいSAKEを醸す

 2017年春、葡萄畑に囲まれたローヌ・アルプ地方の小さな村に、フランス初、本格的にSAKEを造る「昇涙酒造」が誕生した。元紡績工場だった建物を改装した700㎡の酒蔵には2500Lのワイン用タンク5台とともに、日本から取り寄せた甑(こしき)やフネ(圧搾機)が並ぶ。

 蔵元はフランス人のグレゴワール・ブッフさん。仕込み水は地元の硬水を使うが、米は日本産の酒米、杜氏は日本人の田中光平さん。今年で3回目の造りを迎えた昇涙酒造は、ある意味日本の酒蔵よりもストイックにクラシックな酒造りを踏襲していると言えるかも知れない。

フランス ローヌ・アルプス地方の村ぺリューサンに建設中の蔵の様子。周囲は森に囲まれる。

 ブッフさんが日本酒と出合ったのは2013年、父と初めて日本を旅行した時のことだった。偶然入った居酒屋で日本酒を飲んだ。しこたま飲んでも心地よい酔いが長く続き、翌日頭も痛くならならない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
「料理王国Web無料会員」にご登録いただくと、登録した方だけにご覧いただける本誌のバックナンバーの閲覧、無料会員限定記事をお読みいただけるほか、メールマガジンで、プレゼントや特別イベントなどのご案内をお届けします。会員の方はログインしてください。
会員登録はお済みですか?
SNSでフォローする