食の未来が見えるウェブマガジン「料理王国」

米澤文雄シェフが作る、「The Burn」流精進料理 ニンジンの丸ごとロースト


食材の持ち味を最大限に生かす

ニンジンの丸ごとロース

材料(2人分)

ニンジン ー 1本
オレンジ ー 30g
ニンジンの葉 ー 適量
オリーブオイル ー 大さじ1
タイム ー 適量

素材のうま味を凝縮 じっくり茹でてロースト

作り方

1.鍋に湯を沸かし、ニンジンを30分間ほどじっくり塩茹でする。
2.オレンジは厚さ2~3mmを2枚、スライスしておく。
3.ニンジンが柔らかくなったらお湯から取り出し、縦半分に切り、オレンジのスライスをのせ、残りのオレンジの絞り汁とオリーブオイル、タイムを振りかける。
4.150°Cのオーブンで30分ローストする。
5.ニンジンの葉のフライをのせる。

「ニンジン本来のうま味を感じられる、最高の調理法だと思っています」

Chef’s Comment
食材の命を生かすというのは、特長を最大限に引き出してあげることも含まれますよね。「The Burn」ではもともとニンジンを丸ごとローストしたメニューがありますが、ニンニクなどの五葷を使っているので、それらを抜きにして、葉も食べられるようにアレンジしてみました。
調理法はとてもシンプルです。ニンジンを柔らかく茹でて、ひと手間加えてオーブンでロースト。ニンジンを丸ごと食べられますし、本来のうま味を最大限感じることができる、最高の調理法だと思っています。

text 笹木菜々子 photoきくち よしみ

本記事は雑誌料理王国2020年10月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は 2020年10月号 発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする