食の未来が見えるウェブマガジン

日本料理の名店を訪ねる「銀座 小十」

東京・銀座
「銀座 小十」 奥田 透

日本料理にもっと格好良さと色気を出していきたい

魚の活〆や熟成方法など、日本料理の技を海外に広め、パリのトップシェフをも驚嘆させてきた奥田さんだが、「肝心の日本人が和食の魅力に気づいていない」と嘆く。この解決が急がれる課題。奥田さんがコロナにもへこたれないのは、今後の日本料理界の設計図をひくことに夢中だからなのだ。

個性的な器とのコラボレーションも奥田さんの楽しみのひとつ。最近では「料理を盛るスペースがないじゃない」と思わずつぶやいてしまうような、加藤委さんの器の斬新さが気に入っている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
「料理王国Web無料会員」にご登録いただくと、登録した方だけにご覧いただける本誌のバックナンバーの閲覧、無料会員限定記事をお読みいただけるほか、メールマガジンで、プレゼントや特別イベントなどのご案内をお届けします。会員の方はログインしてください。
会員登録はお済みですか?
SNSでフォローする