食の未来が見えるウェブマガジン

食の可能性を広げる。「青山ファーマーズマーケット」企画・運営担当 田中佑資さん



Yusuke Tanaka
1985年、東京生まれ。岡山で農業を営む祖父母の影響で農業と食に関心を持つ。大学卒業後、メディアサーフコミュニケーションズ株式会社に入り、青山ファーマーズマーケットについては立ち上げから担当。現在、同社の副社長を務め、「青山パン祭り」や「Aoyama Sake Flea」など、種々のイベントも手掛ける。

「おいしい食べ物こそ、一番身近な自然」。こう語るのは、東京・青山で毎週土日に開催される「青山ファーマーズマーケット」の創設メンバーのひとり、田中佑資さんだ。「青山ファーマーズマーケット」がスタートしたのは2009年9月。全国各地から生産者が都心に集う市場はまだ珍しく、それだけに「すべてが手探り状態だった」と振り返る。当初は名乗りを上げる生産者も少ない中、それをどう厳選するのかも大きな課題だった。しかし、努力の甲斐があり、この9年でマーケットは「良質なものが手に入る」と、話題のスポットに成長した。今では180もの生産者の登録があり、その品質の確かさは日本を代表するトップシェフたちの折り紙付き。毎週末、マーケットを訪れる料理人も少なくない。

それにしてもこれだけ多くの優れた生産者をどうやって集めたのか。「生産者さんを選ぶポイントは実に単純。この人の作ったもの、育てたものを食べてみたいかどうかです」

要は人間性。田中さんたちの生産者選びは、心惹かれるシェフ選びとも共通している。

田中さんの惹かれるシェフの法則
1.ものすごいライブ感で楽しませてくれる
2.会う人に勇気と元気を与える
3.旺盛な好奇心と探求心で生産者と交流

田中さんの惹かれるシェフの法則とは?


SNSでフォローする