食の未来が見えるウェブマガジン

【レシピ】味坊の大人気メニュー「ラム肉のクミン風炒め」


「味坊」の人気メニューのひとつで、クミンの香りをまとって香ばしく焼けたラム肉の辛さは、一味唐辛子による味付け。クミンは梁さんがもっとも使う調味料で、食欲を増進させ、消化を高める効果があるとされる。

ラム肉のクミン風炒め

味坊 梁 宝璋シェフ

材料】(1皿分)

味付けラム肩肉(※)…400g
タマネギ(スライス)…1/6個
クミン、炒りゴマ…各5g
一味唐辛子…3g

(※)味付けラム肩肉の材料
ラム肩肉…1㎏
A)
卵…1個
タマネギ…1/4個
塩…5g
コショウ…3g

作り方

  1. ラム肩肉は、食べやすいサイズに切ってボウルに入れ、A)の材料を加えてよく混ぜる。混ぜ終えたら冷蔵庫に最低3時間入れ、味を染み込ませる。
  2. 味を付けたラム肩肉400gを油通ししておく。
  3. 中華鍋に油をひき(分量外)、スライスしたタマネギを炒め香りを出してから、2のラム肉とクミン、炒りゴマ、一味唐辛子を加えて、軽く炒めてから、皿に盛る。
ラム肉のクミン風炒め

上村久留美=取材、文 依田佳子=撮影

本記事は雑誌料理王国第255号(2015年11月)の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は第255号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする