食の未来が見えるウェブマガジン

パン好きのプロが伝授!朝食にもおつまみにもなるパンレシピ3選


パンと料理と食卓と。

ニッポンのパン事情は百花繚乱。「本場よりおいしい」という声があるほど、素材も技術力もここ数年で世界レベルに。そんな素晴らしいパンを、もっとおいしく食べる方法はないか―― パン好きの料理人やフードコーディネーターに提案してもらいました。朝食に、そして、お酒のおつまみに。パンをもっと楽しむためのアイデアをご紹介しましょう。

「マルディグラ」和知徹さんの
スパイシー パンペルデュ

香りを楽しむためのものですから、スパイスは多いかな、と思うくらいたっぷり卵液に入れてください。小さなうずらの目玉焼きでボリュームを抑えた、大人向きの甘くないフレンチトーストです。

材料(2人分)

6枚切り食パン2枚 
卵液[卵1個牛乳100P/塩小さじ1/クミンパウダー、キャラウェイパウダー各大さじ1]
バター 10g
粗挽きソーセージ 2本 
ローズマリー 1本 
ウズラ卵 4個
塩、コショウ 各適量
ケイパー 適量
オリーブオイル 適量
パプリカソース[赤パプリカ1個/パプリカパウダー大さじ5/白ワインビネガー150P/塩少量/オリーブオイル少量]

作り方

  1. 卵液の材料を合わせる。パンを半分に切り、卵液に15秒くらい浸ける。バターを熱したフライパンで焼く。同じフライパンでソーセージとローズマリーを一緒に焼く。別のフライパンにオリーブオイルをひき、ウズラの卵を割りいれ、目玉焼きを作る。
  2. パプリカソースの材料をフードプロセッサーに合わせて攪拌し、ソースを作る。
  3. 1を器に盛り、ケイパーと2を添える。
    *パプリカソースは、魚や肉のソースにしても。

「キッチン」鈴木珠美さんのグリーンチャツネとクリームチーズのサンドイッチ

インドのベジタリアンのためのサンドイッチです。グリーンチャツネは、ディップとしても重宝します。
私はたくさんの野菜やハーブを添えましたが、1種類だけでもOKですし、ドレッシングで和えたサラダでもいいでしょう。

材料(2人分)

サンドイッチ用パン 8枚
クリームチーズ 120g
キュウリ 2本
グリーンチャツネ※ 適量 
バター 適量

作り方

  1. パンの片面にバターとグリーンチャツネを塗り、長さを半分に切って薄切りにしたキュウリを並べる。
  2. もう1枚のパンの片面に、バターとクリームチーズ(1枚につき30g)を塗り、1の上にのせ、サンドする。残りも同様にし、食べやすい大きさに切る。好みで、グリーンカールレタス、スイートバジル、ミントなどと一緒に盛る。

グリーンチャツネの材料(作りやすい分量)と作り方
スペアミントは葉だけ摘んで2カップ、香菜は2cm幅に切って1カップ、グリーンチリ2~3本は小口切り、赤タマネギ1/4個はざく切り、ピーマン1個は種を取り、1cm幅に切る。これと、ショウガ1片、ニンニク(小)1片、レモン汁大さじ3、バターピーナッツ大さじ2、塩小さじ3/4、クミンパウダー小さじ1をミキサーに入れてペースト状になるまで攪拌。残ったら、ラップ紙に薄くのばして包み、冷凍保存する。

「キッチン」鈴木珠美さんのベトナムバゲットサンド

ベトナムではポピュラーなサンドイッチ。はさむものは、ごはんのおかずになるものでしたら、なんでも。ベトナムの味に仕上げるためには、旨味成分の多いヌクマムをぜひ手に入れてください。

材料(2人分)

バゲット1本
豚挽き肉200g
A(レモングラスのみじん切り1本/ニンニクのみじん切り1片分/赤タマネギのみじん切り大さじ2/ヌクマム大さじ11/3/粗挽き黒コショウ少量/砂糖小さじ11/2/豆板醤小さじ1)
サラダ油適量
キュウリ1/2本
ダイコンとニンジンの甘酢漬け※適量
香菜適量
黒コショウ少量
マヨネーズ適量

作り方

  1. Aの材料をすべて合わせ、豚挽き肉によくもみ込む。フライパンにサラダ油を熱し、豚挽き肉をよく炒める。
  2. バゲットは横半分に切れ目を入れ、2等分する。それぞれ、切れ目にマヨネーズを塗り、1、キュウリの斜め薄切り、ダイコンとニンジンの甘酢漬け、1cm長さに切った香菜をのせ、黒コショウをふってはさむ。

※ダイコンとニンジンの甘酢漬けの材料(作りやすい分量)と作り方
ダイコン150gは皮をむき、薄いいちょう切りに、ニンジン50gも皮をむき、花形に切る。水11/4カップに塩大さじ1/2を溶かして、ダイコンとニンジンを浸け、10~15分間おく。甘酢の材料(ヌクマム大さじ1、酢1/4カップ、砂糖大さじ3、水大さじ2)を合わせ、砂糖が溶けるまで混ぜ合わせる。ダイコンとニンジンの水気を絞り、甘酢に浸け、2~3時間おく。


北村美香=文・構成 上原ゆふ子、合田昌弘=写真

本記事は雑誌料理王国第179号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は第179号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする