食の未来が見えるウェブマガジン

【新型コロナウイルス特別企画】新型コロナウイルス感染症。その時、日本の飲食店はどう動いた? 「LA BONNE TABLE」中村和成さんの場合


本記事は、5月7日(木)発売の料理王国6・7月合併号緊急特集「コロナ時代の食の世界で新しい「ものさし」を探しに。」に掲載中の記事から、現在の状況を鑑みて特別に公開するものです。

□Webを活用する

まずは自分自身が全力で楽しむ
一期一会のライブセッション

ラ・ボンヌターブルの中村和成シェフが、Instagramで料理教室をはじめたのは、お店が営業自粛を決めた翌日の正午、3月28日のことだった。

「予約してくださっているお客さまに、こちらからキャンセルの連絡を入れました。そんなことははじめての経験でした。悔しかった」。そう中村さんは振り返る。たとえ店は閉めても一日も無駄にしたくないという想いから、突発的にInstagramでライブ配信を始めた。

 現在は日に一度、ほぼ毎日のペースで「ハプニングキッチン」と題して料理のつくり方を配信している。内容は、前日の夜かその日に中村さんがスーパーに行って買ってきた食材を使って、実際に料理を作って見せるというもの。ライブ感にこだわり、事前の下準備などは行わずすべてその場でつくる。

 「配信では、僕がお店で出す料理を作るときの基礎中の基礎の基礎をお伝えしています。玉ねぎは芯が美味しいから使いましょうね、とか。お肉に火はこう入れるといいですよ、とか」。オーブンは使わないなど、家庭でもそのまま真似しやすいような配慮もしている。

配信を観ている人の中にはラボンヌターブルに通っていたお客も多い。自作した料理写真がDMで送られてきたり、その人のポストがきっかけでフォロワーが増えたり、東京も地方も、日本も海外も、シームレスにつながりダイレクトな反応が返ってくる。それが面白いという。

「オレンジとミントを使ったカルボナーラ」を、世界カルボナーラデーに合わせて配信。音楽好きの中村さん自らBGMもセレクトしている。

 「お店はオープンキッチンなのでお客さまとは日々接していました。でもいまは、もしかするとそれ以上の密度でみなさんとコミュニケーションできているかもしれません」

店が営業を再開しても、中村さんはこの料理教室を続けていくつもりだという。長期計画でさまざまな企画を試行錯誤中だ。他店のシェフと対決をしたり、ジャンル違いの料理人から燗付けを教えてもらったりと、アイディアは尽きない。

 根本には「人を楽しませるためには、まず自分自身が思い切り楽しんでいる必要がある」という中村さんの信念がある。店では自分の作った料理を挟んで、お客と一期一会の「ライブ」を楽しんでいた中村さんは、現在オンラインに場を移しInstagramの配信というメディアを使って、変わらずその「ライブ」を楽しんでいる。

 いまはあえて配信をアーカイブせず、料理写真とレシピのポストだけに留めているが、今後は見返したい人に向けてYouTubeチャンネルの開設も予定しているという。

「ご自身で作ってみてもらって、感動してもらえたなら、店ではそれを超える僕が考えに考え抜いた料理をお出ししています。それを楽しみにまた店に来てもらえる日を願って」

配信中、寄せられた質問に回答したり会話を楽しみながら鮮やかな手際で料理を仕上げていく中村さん。
森枝幹さんとのコラボ配信では、新タマネギをテーマにパスタ対決。コラージュ画像から楽しませてくれる

なかむら・かずなり
LA BONNE TABLEシェフ。1980年、千葉県生まれ。大学卒業後、調理師専門学校に入りフランス料理の道へ。渋谷「シェ松尾」、新江古田「レストラン・ラ・リオン」などで腕を磨く。その後、西麻布の「サイタブリア」へ。同店が「レフェルヴェソンス」としてリニューアルすると、次世代フレンチの旗手として注目を集める。2012年にはスーシェフに昇格。2014年日本橋コレド室町にカジュアルラインとして誕生した「LA BONNE TABLE」のオープンとともにシェフに就任。
Instagram @kazunari_labonnetable

LA BONNE TABLE(ラ・ボンヌターブル)
東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 1F
TEL:03-3277-6055
11:30-15:00(13:30LO) 18:00-23:00(21:30LO)
不定休(SNSを確認)
http://labonnetable.jp
現在は営業自粛中。
最新情報は中村さんのSNSにて


text 中森葉月

本記事は料理王国2020年6・7月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は 2020年6・7月号当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする