食の未来が見えるウェブマガジン

低糖質食「ロカボ」。糖質をゆるやかに抑え、美食を我慢しない食事

豚とフォアグラのカイエット ほうれん草風味のフェットチーネ

糖尿病とその予備軍メタボリックシンドロームのお客さまへ

「低糖質食」という言葉を近ごろよく見聞きする。パッケージに「低糖質」と記された商品もスーパーやコンビニで見かけるようになった。この低糖質食の重要性にいち早く着眼した山田悟先生は、「おいしい料理を心ゆくまで味わっても健康になれる食べ方」を、「ロカボ」と名付けた。それは、カロリー制限をはじめとする制限づくめの食べ方を覆す画期的な発想で、注目を集めている。

【糖質量4.9g】豚とフォアグラのカイエットほうれん草風味のフェットチーネ
肉類を混ぜて網脂に包み、仕上げにフォワグラをのせた濃厚な一品。ジャガイモの替わりに低糖質素材の高野豆腐粉を使ってピュレに。

豚の網脂で包んで焼いたカイエットを、バターたっぷりのピュレを絡めながら味わう−−。赤ワイン風味のジュとともに楽しむこの濃厚なひと皿が、「低糖質食」と言われても、「えっ」と驚く。一体何を制限しているのだろうか。見た目も味わいもボリュームも、普通と何ら変わりなく、おいしく満足できる食事、これが「ロカボ」だという。

「ロカボ」という表現は、本誌で初めて知ったという読者も少なくないだろう。既存の「糖質制限=ローカーボ」は、食べる糖質の量を制限することで、食後のインスリンの分泌をゆるやかにする肥満の治療食であり、最近になって、糖尿病の治療法として採用された。この食事は、糖質をゼロにするなど極端な糖質制限が原則だ。結果、悪玉コレステロールが上がったり、元気がなくなったり、血管内皮細胞が痛むといった弊害も問題となっていた。何より糖質ゼロの食事は、量が少なく質素で、食べるよろこびが満たされない。だから、長続きがしない。

ロカボmemo
糖尿病とはどんな病気か?
血糖値が不安定になったり、高くなることで全身障害が起きる病気。血糖値は、血液中のブドウ糖の濃度を示す数値で、食後は誰でも上がるが、発症すると下がらなくなる。空腹時血糖値が126以上、または食後血糖値が200以上になった状態。基本は食事療法。血糖値を自らコントロールするのだ。

カロリーも脂も気にしない
糖質だけを気にする食べ方

山田悟先生は、「食事制限をするのが治療の基本」という糖尿病患者と向き合ってきた。そして、「これだ!」と着目したのが、あくまでも糖質をゆるやかに控える食べ方だ。従来の糖質制限ローカーボと区別して「ロカボ」と名付け、糖尿病、メタボ、成人病予備軍など、健康でいたいと願うすべての人にふさわしい食事として推奨する。

一般社団法人食・楽・健康協会理事長
北里大学北里研究所病院糖尿病センター長 山田悟先生
1970年東京都生まれ。
慶応義塾大学医学部卒業。医学博士。東京都済生会中央病院勤務などを経て2002年から北里研究所病院勤務。13年にゆるやかな糖質制限=ロカボの考え方を広める「食・楽・健康協会」を設立。著書に『奇跡の美食レストラン』『ロカボバイブル』(共に幻冬舎刊)がある。

通常、私たちは1食約90~100グラムの糖質を食べている。ロカボは、これを20グラム以上40グラム以下にして1日3食。それとは別に、1日1回10グラムの甘いおやつを食べ、お酒やデザートなど嗜好品も楽しもう、というものだ。

「誰もがおいしいものをお腹いっぱい食べたい。おいしいものを食べて健康になれる方法はないのだろうか、と考えた末にたどりついたのが、ロカボの世界観なのです」と、山田先生は語る。

現在の栄養学は、これまで健康にいいとされていた常識を次々と覆している。その筆頭と言えるのがカロリー制限だろう。
2008年、イスラエルで約300人の肥満の人を3グループに分けて調査した。

  1. 脂質とカロリーを控える
  2. 脂はしっかり食べるがカロリーは控える(地中海食)
  3. カロリー、タンパク質、脂を気にせず糖質のみ控える

この食べ方で実験をしたところ、3 に最も体重減が見られたという。
健康にいいと信じられてきた1の減量効果が一番低く、リバウンドも見られたというのだ。また、カロリーを抑えたことで骨密度が減るというデメリットも報告され、カロリー制限は完全に否定された。その後も、低糖質食のメリットが次々に報告されている。
「お腹が空いたらお肉を食べましょう。脂も控えなくて大丈夫。糖質だけを気にしてください」という山田先生。その指導は、あれもこれもダメ、と多くの我慢を強いられていた患者のみならず、その家族や友人にも、食べるよろこびをもたらす光となっている。

1984年3月26日号の『タイム』は、卵とバターを控えれば血液中のコレステロールが減り、動脈硬化が予防できると特集した。30年の歳月が流れ、2014年6月23日号の表紙には、大きく「Eat Butter.(バターを食べなさい)」の文字が躍った。「脂質に対する戦争はもうやめましょう」との内容だ。

次ページ:糖質量の少ない食品、多い食品と、低糖質食「ロカボ」のQ&A



このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
「料理王国Web無料会員」にご登録いただくと、登録した方だけにご覧いただける本誌のバックナンバーの閲覧、無料会員限定記事をお読みいただけるほか、メールマガジンで、プレゼントや特別イベントなどのご案内をお届けします。会員の方はログインしてください。
会員登録はお済みですか?

SNSでフォローする