食の未来が見えるウェブマガジン

新世代のクラフトカレーを食べるならここ!「NEWROSE」


日本のカレーの進化が止まらない。カレーも、そのカレーを作る人も、より独自の道へ。「らしさ」を謳歌する5軒を紹介する。

NEW GENERATION 01
NEWROSE
2019.OPEN
日本で進化したリッチでごちそう感あふれるカレー

ピンクのドアを開ければ、カウンターもピンク。ネオ80’s っぽい店内は、カレーを食べる前から興味をそそるアイテムだらけ。名作へのオマージュをちりばめたポップミュージックのように、その元ネタが気になってくる。オーナーシェフの小西健司さんに聞けば、まず店名はパンクバンド「ダムド」の曲名から。ピンクのカウンターはロンドンのヒップなレストラン「RITA’S」に倣ったそう。開店1周年のフライヤーはシティポップのイメージで作ったという。音楽からの気の利いた引用が心憎い。とはいえ最大の「元ネタ」はやはり、大好きだったカレー店。この店をオープンする前に小西さんが通い詰めたのは、1978 年に創業、2020 年 2 月に惜しまれながら閉店した横浜市・鴨居の「カシミール」だった。「実はご主人に、自分もカレー店を始めると打ち明けたことがあるんです。そうしたら『自分が一番おいしいと思うカレーを出せれば、やっていけるよ』とアドバイスをくれて、すごく励みになりました」

小西さんにとって一番おいしいカレー。それはリッチなごちそう感で幸せにしてくれる、日本人が日本で進化させたカレーだ。それを完成させるために、レシピのベースとなる出汁から考えた。町田「アサノ」や、札幌「村上カレー店プルプル」など、名店のカレーを参考に、豚骨、鶏ガラ、魚介、椎茸、昆布と試作を重ねる。結局たどり着いたのは、鯛のアラのスープ。うま味が強いのにクセがない。これをベースに鶏ひき肉と鶏軟骨、さらにレモン果汁を合わせ、コリアンダーやカルダモンでまとめたのが、店のシグネチャー「モダン・レモン・チキン」。鯛と鶏のダブルスープとレモンの爽やかさが斬新だ。
この「モダン・レモン・チキン」と、NEWROSE流バターチキン「ネオ・ムルグ・マッカーニ」や、味噌で日本の煮込みっぽさも感じさせる辛口ビーフカレー「ホテル・ビーフ」をあいがけしたひと皿は、新しくて懐かしい「新世代のリッチなごちそう感」にあふれている。

「ネオ・ムルグ・マッカーニ」(右)と「モダン・レモン・チキン」のあいがけ。以上2種のカレーに加え「ホテル・ビーフ」の3種が固定メニュー。さらに時期で変わる、ちょと実験的な特別カレーを加えてカレーは全4種。カレー1種は1,000円~。好きなカレー2種あいがけは1,300円。
ルー・リードのアルバム『CONEY ISLAND BABY』のジャケットからヒントを得たという店のロゴもピンク。駅からは離れた立地だが、花水川の堤の緑を望む一軒家は、都心では望むべくもない好ロケーション。
オープン1周年のフライヤーは、信頼を置く湘南のデザイナー作。ビジュアルのコンセプトは、シティポップ。
愛蔵の一冊は鴨居「カシミール」が表紙の『dancyu』2017年6月号カレー特集。


クラフトビールはBarbaric Works、Yggdrasil Brewing、ヨロッコビールなど地元湘南のブルワリーと、サンディエゴのモダンタイムスなどをセレクト
小西さんが「ネタ帳」と呼ぶ、自分のためだけに作ったZINEのような冊子たち。ロンドンの「RITA’S」ほか、気になる飲食店の画像などを一冊にアーカイブ。お店に行けば閲覧できるかも。
ナチュラルワインや、クラフトジン、メスカルなども。


鴨居「カシミール」で、漏れ聞こえたご主人の電話の会話から、使っていると知った「C&B純カレーパウダー」。ジャパニーズカレーテイストを得るため「ネオ・ムルグ・マッカーニ」に使用。

スパイシーなラタトゥイユのような「旬の地野菜サブジ」(780円)。地元産の菜の花をメインに、アクセントは金柑。夜のメニューには「香辛料自由方針料理」と小西さんが呼ぶ、カレー以外のスパイス料理も多数オンリスト。カレーをメインにコース仕立てにもできる。
NEWROSE(ニューローズ)
神奈川県平塚市撫子原4-17
TEL 0463-79-6247
11:30~14:00LO、 17:30~21:00LO
日、第1・3月定休
[email protected]
[email protected]_curry
テイクアウトあり。営業日時やメニューは変更の可能性があるため、詳細は上記SNSをチェック。

小西健司(こにし・けんじ)
茅ヶ崎のインド料理店「GARA中海岸」を経て、2012年より茅ヶ崎のクラフトビール・バー「Gold’n BuB」の立ち上げメンバーの一員として店長をつとめる。2019年4月、平塚にモダン・ジャパニーズ・カレーを標榜する「NEWROSE」をオープン。

こちらの記事もおすすめ!

text ワダヨシ、田嶋章博 photo 本多 元

本記事は雑誌料理王国2020年6・7月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は2020年6・7月号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする