食の未来が見えるウェブマガジン

大人の胃もたれしないB級グルメ「ホンカトリー」


日本のカレーの進化が止まらない。カレーも、そのカレーを作る人も、より独自の道へ。「らしさ」を謳歌する5軒を紹介する。

NEW GENERATION 04
ホンカトリー
2017.OPEN
50歳から始める大人の“エモい”B級グルメ

「カレー作りが下手っぴなまま、店を始めてしまいました」店主・滝沢健二さんの語り口は、実に軽妙だ。滝沢さんは会社員として約25年間、ベルギービールの輸入販売事業に携わったが、50歳で一念発起し「ホンカトリー」を開いた。「もともと家で友人たちに料理をふるまうのが大好きで、こんなに好きならそれをやらない手はないなと」とはいえ、カレーの知識やノウハウはなかった。「会社を辞めてまでやるからには、とにかく面白くて、飽きないものをやりたい。それには、働き始めの頃のように、わからないことだらけの環境が必要だと思ったんです。試行錯誤とか、創意工夫を求められる環境は幸せだなと」

そうした経緯が、結果的に「ホンカトリー」の“どの国でもない”スタイルを生み出す。カレーは一見サラッとしたインドカレーを思わせるが、実は過去に食べたパキスタンの無水トマトカレーと、マレーシアのココナッツミルクを煮込んだルンダン、そしてベルギー人に教わったピーナッツペーストでチキンを煮込んだ料理をミックスし改良したものだ。「多種の副菜を乗せる形は、自分のカレーの試食に飽きてしまい、苦肉の策で野菜や惣菜を手当り次第カレーと混ぜて食べたら意外と面白く、『おいしいと面白いは友達だ』と気付いたことが始まりでした」語り口とは裏腹に、小鹿田焼きの器に盛られたカレーは凛とした佇まいで、色とりどりの副菜がのったライスは、まるでモネの絵画のよう。全てを混ぜ合わせて食べれば、穏やかながら酸味が効き、時おり感じられるシャープなスパイス感と、多種多様な歯ごたえが心地よい。静謐な空間に流れるJ-WAVEの音と相まって、不思議な感動がじんわり心に沁み入ってくる。

「毎日全力を出し切ってアップデートし続けています。部活の基礎練習みたいに(笑)。楽しい食事には、ちょっとした新しい経験だったり、楽しい会話だったり、丁寧さや気配りも重要な要素だと思います。それも一緒に提供できるなら、50歳で始めた意味もあるのかなと。大人の胃もたれしないB級グルメです(笑)」

「イワシとタマリンドのカレー」1,000円。カレーは魚介のカレーと肉のカレーの2種が基本。具材は仕入れ状況で変わる。インドの長粒米・バスマティライスの上には多種のスパイス惣菜、玄米フレーク、ファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)などが添えられ、混ぜ合わせてカレーをかける。
『ベルギービールの向こう側』 2016年出版の滝沢さんの自著。ベルギービールに深く関わった25年間のエピソードをまとめている。滝沢さんは2012年にベルギービールの業界団体より、名誉騎士賞を贈られている。
卓上調味料で自分好みに味を調節できるのも楽しい。まずは青唐辛子入りのプリックナンプラー(左)をライスに少しかけ、塩気と辛味をチューニング。その後、酸味を足したければ唐辛子酢(奥)を、パンチの効いた酸味と塩気で味変させたい場合はマンゴーピクルス(右)を。手前はエビチリココナッツふりかけ。
店を入ると長いアプローチが伸びていて、アートスペースのようにも見える。壁には近所の文化芸術施設から集めてきたフライヤーやポスターを展示。店名は、和歌の本歌取(ほんかどり=有名な古歌から1句または2句を取り入れる技法)が語源。


ホンカトリー
東京都文京区湯島2-7-9
サニーハイツ西久保B02
TEL 非公開
11:00 ~ 16:00、売切次第終了
日・祝定休
営業日時は変更の可能性あり

滝沢さんが敬愛する料理家にして画家、岡野亜紀子さんの個展カード。岡野さんは、かつて新大久保にあった「TAPiR」のオーナーシェフ。現在は要町「Snark Liquidworks」で腕をふるう。「たとえば鴨とイチゴのカレーとか、岡野さんの料理からは『カレーはもっと自由でいいんだよ』というメッセージをもらえる気がするんです。結局、いろいろなリミッターをかけているのは自分なんだなと…」
木製のカトラリーで食べるスタイル。スプーンとフォークは作家さんが製作したもので、カトラリー置きは店主の自作。
アートやカルチャー系書籍とともに、南インド料理やベンガル料理をはじめカレーの専門書が置かれるが、滝沢さんは「正直、どこの国もすごく好きなわけではなく、そもそもカレー自体に強い思い入れはないので、本を買ってもほぼ新品なんです」とにべもない。
滝沢健二(たきざわ・けんじ)
1990年にベルギービール専門店「ビアバーブラッセルズ」入社。神田店店長を経て、日本のベルギービールバー初となるベルギービールの自社輸入を担当。同社取締役を経て、2016年退社。1年間のカレー食べ歩き及びレシピ開発を経て、2017年に「ホンカトリー」を湯島に開店。

この記事もおすすめ!
鯛と鶏のダブルスープとレモンの爽やかさが斬新 「モダン・レモン・チキン」

text ワダヨシ、田嶋章博 photo 本多 元

本記事は雑誌料理王国2020年6・7月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は2020年6・7月号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする