食の未来が見えるウェブマガジン

日本橋で暮らす 日本人以上に日本人!なアメリカ人が誘う、下町食べ歩き散歩で、日本橋を再発見。(後編)

米国ポートランド出身のデヴィッド・コンクリンさんは人形町在住14年。外国人の視点で綴った『コンクリンさん、大江戸を食べつくす』という著書もある下町好きだ。「前世は日本人だった!」と信じて止まない彼が下町のうまいもの探検へ誘う。

人形焼本舗 板倉屋

仲良しの人形焼店。4代目の親父さんと、近所に新しく出来た蕎麦屋の情報を交換中…のデヴィッドさん。店主と話が弾む店が彼には多々あるのだ。七福神の顔をかたどった人形焼は添加物を使用しない小豆餡が入り、デヴィッドさんも大好物だとか。早い時には午後の早い時間帯には売り切れてしまう人気ぶり。

人形焼本舗 板倉屋
東京都中央区日本橋人形町2-4-2
TEL 03-3667-4818
月~日 9:00 ~売り切れ次第終了
不定休

寿司芳

蛎殻町の裏路地にある“ロックな寿司屋”として地元客で賑わう寿司屋。人形町で商いを始めて3代目の店主、井上道治さんは80‘sロックのファン。音楽好きの常連客と話が盛り上がることも。デヴィッドさんは毎月2回くらい訪れ、新鮮な魚と酒の後にキリッと酢の効いた寿司で〆る。常連客との距離が近い家庭的な店。

寿司芳
東京都中央区日本橋蛎殻町1-30-5 森ビル1F
TEL 03-3668-1020
火~日 18:00 ~ 23:00 LO
月休(月曜が連休の場合は火休)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
「料理王国Web無料会員」にご登録いただくと、登録した方だけにご覧いただける本誌のバックナンバーの閲覧、無料会員限定記事をお読みいただけるほか、メールマガジンで、プレゼントや特別イベントなどのご案内をお届けします。会員の方はログインしてください。
会員登録はお済みですか?
SNSでフォローする