食の未来が見えるウェブマガジン

日本の食文化の原点。「神饌」をご存じですか?


真心をこめて御調理する「神様の食事」が日本料理の原点

 日本人は古来、四季折々の祭りを大切にしてきました。祭りというと、氏子が神輿を担いで町内を練り歩く光景を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし、祭りで最も重要なのはその前に執り行われる「神事」。その神事は神に食べ物を供えること、すなわち「神饌(しんせん)」から始まります。

神様と人間をつなぐ重要な役割を持つ「神饌」

 祭りとは、神々を崇め尊び、慰めながら除災を願い、豊作豊漁を祈る儀式。日本人は「神は自然の中に宿る」という信仰を持っていますから、祭りを始めるにあたってはまず、食べ物を供え、神様をお招きしなければなりません。

 そして、一連の儀式の後、お供えした食べ物を神様とともに食するのが「直会(なおらい)」。神様と同じものをともにいただくことで、神との一体感を持ち、霊力をいただき、神の御加護と恩恵にあずかります。
 このように、祭りにおいて神饌は、神様と人間をつなぐ非常に重要な役割を果たすものです。

 神饌は、古くは煮炊き、調理を行った、「熟饌(じゅくせん)」あるいは「特殊神饌」と呼ばれる、人々の日常の食事と同様のものでした。しかし、1871年(明治4)の神社制度改革によって祭式次第が改められ、神饌は「生饌」と呼ばれる、素材そのものを献供する「丸物神饌」に変更されました(現在、多くの神社で「生饌」が行われています)。こうして、一度は姿を消した「熟饌」でしたが、明治17年、明治天皇の旧儀復興の命により、賀茂御祖神社、賀茂別雷神社、石清水八幡宮などで再び献供されるようになりました。こうした旧儀の神社の神饌には、四季折々の旬を煮炊きしていただいてきた、日本人の食文化が映されてます。

一番おいしいもの、美しいものを神様に

 身を清めた神職によって丁寧に御調理される神饌は、見た目も美しく、真心のこもったもの。まさに日本料理の原点を見るようです。
 すべての神社に共通の御物は御米、御酒、御塩。そのほか、海川山野の、その季節に最もおいしいものが供えられます。各神社に特有の御物も見られますが、その心は同じ。
「出来る限りおいしいもの、美しいものを供えたい」という気持ちです。

 例えば、日本の総氏神と仰がれる存在の、伊勢の神宮(正式名称は「神宮」)で、神饌に欠かせない御物といえば(あわび)です。なぜ、鰒をお供えするようになったかには諸説ありますが、一説によると、およそ2000年前、倭姫命(やまとひめのみこと)天照大御神(あまてらすおおみかみ)にお供えする御贄(みにえ)(神饌)を求めて、舟で志摩の国を巡った際、鳥羽の国崎(くざき)で海女が差し出したのが鰒。それが「あまりにおいしかったため」、以降お供えし続けているそうです。

 また、神宮で毎日行われる日別朝夕大御饌祭(常典御饌ともいう)でお供えする神饌は、朝夕の食材が重ならないよう配慮。朝が葉物野菜なら夕方は根菜に変え、海藻も朝と夕では違うものにします。その常典御饌には、トマト、ブロッコリー、メロンなど、日本では比較的新しい野菜や果物も登場しますが、それは「珍しいものはまず神様に」という心の表れではないでしょうか。

 また、石清水八幡宮では、勅祭の日に金海鼠(きんこ)(ナマコの一種)をはじめ、珍しい神饌があげられていました。こうしたものを供える理由を尋ねると、宮司は「これらは露骨な言い方をすれば精力剤。お疲れの神様にお元気になっていただきたいという願いからです」とのお答えが。

そして、翌日のお供えが、広島菜と梨だけだったことについては「、前日に精力のつくものたっぷりだったので、翌日はあっさりしたものに」とのこと。たいそう人間的な配慮なのだと、興味深く感じました。
さらにどの神社の神饌も、見た目の美しさに目を奪われます。「思わず神様もにっこりなさるのでは」と、微笑ましいくらい可愛らしく盛り付けた神饌もありました。
 こうしたことすべてが、「神様によかれ」と思うものを、できる限り真心を尽くして供えるということ。それは、日本料理のもてなしの心、そのものではないでしょうか。
 これほどまでに、食べ物を大切に神様に捧げる国は他にはありません。食べる喜びや、食への感謝の心が希薄になり、ただ空腹を満たすだけの食が増えている昨今。神饌には、現在の日本人が忘れている、自然の恵みへの感謝が、脈々と受け継がれています。神饌が、日本料理の原点であり、基本であるということは、日本人の食文化の精神性の高さを物語っていると思います。

御神酒(おみき)

神饌には欠かせない「御神酒」。神様に酒の原料、米を与えていただいたことに感謝の意を表し、その出来栄えをみていただくために供えます。白酒(しろき)黒酒(くろき)清酒(すみさけ)濁酒(にごりざけ)などの種類があり、醸造法も多様。
古くは、神社もしくは氏子が神酒を自家醸造していましたが、現在は酒税法の規制があるため、できません。ただし、伊勢の神宮のように清酒の醸造免許や、税務署からのどぶろくの醸造許可を得ている神社もあります。

稲穂
神道と深い関わりを持つ稲作。豊作を祈り収穫に感謝する

稲穂
上御霊神社(京都)で11月に行われる「火焚祭」。秋の収穫、五穀豊穣、厄除け、地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する。撮影:中田昭

「瑞穂の国」とも称される日本。稲作は神道と深い関わりを持っています。『日本書紀』神代巻に記された「斎庭(ゆにわ)の稲穂の神勅」によると、天照大御神は、高天原(たかまのはら)でお育てになっている稲穂を皇孫(こうそん)邇々芸命(ににぎのみこと)に渡し、「これで国民を養うように」とお授けになったと記されています。よって、地上で人間が稲作を行うことが神の道とされます。早春の予祝儀礼、春の豊作祈願、夏の除疫祭、秋の収穫感謝祭と、米の豊作を祈り、神に感謝を捧げる稲作を中心とした祭りが多く行われているのです。

御塩
塩は生命の源。穢れを祓い浄化する力も持つ

御塩

昔から塩は、穢れを祓い清める力を持つとみなされてきました。写真は、製塩法を伝えたとされる鹽土老翁神(しおつちおぢのかみ)を祀る、鹽竃(しおがま)神社の末社・御釜(おかま)神社(宮城県)で、7月に行われる、古代製塩法を伝える藻塩焼神事。製塩用鉄製平釜の上に竹の棚を設け、ホンダワラを広げた上から海水を注ぎ、煮詰めて塩を作ります。

(あわび
神宮の神事で供される鰒は2000年間、国崎から

鮑

2000年以上前から、伊勢の神宮で神饌として供えられてきた鰒は、鳥羽市国崎の鎧崎のもの(現在、国崎漁協組合が生、熨斗鰒、合わせて年間約660キロを奉納)。桂剥きにした後ぬるま湯でさらに長く伸ばしたのが熨斗鰒。)

石清水八幡宮 奉幣之儀

写真提供:石清水八幡宮

仏教と深い関わりを持つ石清水八幡宮。奉幣之儀とは、八幡大神が年に一度、男山山麓の仮宮である頓宮殿に渡御され、上卿の御祭文奏上により、国家安泰、国民の平和と繁栄が祈願される祭り。八幡神とは綿津見(わたつみ)の神で海の安全を守る海の神様。神饌には海のものも多く、海藻の他、金海鼠(なまこ)のような珍しいものも。

談山神社 嘉吉祭

写真提供:談山神社

嘉吉祭で献じられる「百味御食」はすべて氏子の手によって作られている。その色鮮やかさと精巧優美さは、「神饌の代名詞」と称されるほど。赤、黄、緑に彩色した米もちごめ粒を1粒1粒用いて伝統の文様を描いていく和稲。糯米(もちごめ)と古代米、赤米の(のぎ)の長い籾を用いて作っていく荒稲がとくに美しく有名。

)

ジャーナリスト南里空海さん Kumi Nannri
ジャーナリスト、編集者。マザー・テレサ、アウン・サン・スーチー、ミヒャエル・エンデ、オノ・ヨーコなどのインタビューやルポルタージュを数多く手がける。著書に『伊勢の神宮』『ヴァチカン』『シルクロードを行く』(以上、世界文化社)など。

本記事は雑誌料理王国第234号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は第234号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする