食の未来が見えるウェブマガジン

AI時代はコワくない シンシア 石井真介

シンシア

料理人だからこそ海の乱獲も身近な問題として伝えられる

万能に思えるAI。しかし、与えられた課題はこなせても、問題点を自ら見つけることは不得手だ。「シンシア」のオーナーシェフ石井真介さんは、問題意識を強く持つタイプ。AIを〝超える〞シェフといえる。現在のテーマは「サステナブル」で、環境に配慮して食材を選び、仲間やジャーナリストたちとトークセッションや勉強会なども開く。

たとえば乱獲が問題視されている太平洋クロマグロ。産卵期にまで獲り尽くそうとする現状に警鐘を鳴らす意味もあり、石井さんはあえて大西洋産のクロマグロを選ぶ。それをおいしく仕上げて、「実は大西洋でも同じようなことが起きていたが、漁獲規制によって資源量が回復してきた」とゲストに伝える。「食材を通して会話が弾み、環境問題に関心を持っていただけるんです」。料理人が世論を動かし、政治を変えることも可能だ、と石井さんは信じている。「先輩たちの努力によって、日本にフランス料理が根付いて約50年。今では海外で活躍する人も増え、日本ならではのフランス料理も認められるようになりました。この流れを僕たちの世代で止めてはいけない。僕たちにできるのは、広い視野で食の諸問題に取り組むことです」

石井さんの関心は、AIより、100年後も料理人がイキイキと働けるように最善を尽くすことにある。

シェフがAIに勝てる理由
完ぺきじゃない料理を人は求める

Shinsuke Ishii
1976年、東京都生まれ。調理師学校卒業後、「オテル・ド・ミクニ」「ラ・ブランシュ」などを経て 渡仏。星付きレストランで修業後2004年に帰国。「フィッシュバンク東京」「レストラン バカール」のシェフを経て、16年に「シンシア」をオープン

石井真介さんの10年後も作り続けていたい料理とは?


SNSでフォローする