食の未来が見えるウェブマガジン
無料会員登録 / ログイン

飲食店に最適!小規模事業者持続化補助金のススメ。


新型コロナウイルスの脅威に晒される今、資金繰りに窮する飲食店経営者の方々も多いのではないでしょうか。行政からもコロナ対応の融資制度や助成制度などの中小企業支援策が次々に発表されています。
 今日は、その中でも飲食店が取り組みやすく、店舗の販路や認知度を拡大するための補助金である「小規模事業者持続化補助金」について解説していきます。

小規模事業者持続化補助金とは?

小規模事業者を対象とした補助金で、販路開拓を目的とした投資に対して最大50万円が補助されます。補助率は原則3分の2で、全額が補助されるわけではない点に注意が必要です。

対象となる小規模事象者とは?

 小規模事業者とは、従業員5名以下の法人・個人事業主のことを言います(製造業は20名以下)。

どのような資金に使えるの?

 小規模事業者持続化補助金は、『販路開拓』の目的であれば幅広いものに適用する事ができるのでとても使い勝手が良いです。飲食店にとっては特に相性の良い補助金です。
 資金用途の例として、以下のようなものが挙げられます。
 ・ホームページを作成したい
 ・チラシを作成したい
 ・展示会に出展したい
 ・看板を設置したい
 ・インターネット広告を出したい
 ・設備を購入したい
 ・店舗を改装したい
 ・試作品を作りたい
 これらすべて対象となり得ます。

販路開拓って?

 販路開拓とは、「新しい顧客を取っていく活動」のことです。一方、既存客に対して販売を増やしていくのは販売強化です。持続化補助金は、あくまで新規顧客開拓がテーマであることに注意してください。

補助金申請までの流れ

 補助金を受けるためには、指定の様式で申請書や事業計画書を作成する必要があります。締め切りまでに提出された申請書が審査され、補助金支給にふさわしい事業が採択されます。
 持続化補助金の目的に合致した申請書を作成するには、コツやポイントがあります。事業計画書を作成したことがない、もしくは自信がなし事業者の場合、中小企業診断士等の専門家を活用するのも良いでしょう。
 また、注意点として、補助金は事業実施後に支給されますので当初は立替え出費が必要です。手元資金に余裕がない場合、採択決定後に金融機関に相談すると良いでしょう。補助金支給までの一時融資に応じてくれやすくなります。

採択される申請書の書き方のポイント

 まず、下の図は持続化補助金のイメージ図です。このストーリーをしっかり頭に描き、申請書の中でブレずに伝えていくことが大切です。とりわけ、社内での新規取り組み・創意工夫をしっかりアピールし、「頑張ってる事業者だから応援しよう!」と思ってもらえる申請書づくりを心がけましょう。

 昨年度、筆者も多くの事業者の持続化補助金申請支援を行い、100%採択されました。その実績をもとに、採択される申請書のポイントをいくつか列挙しますので参考にしてください。
・公募要領の審査ポイントを網羅する
・専門用語は極力避ける(審査員はあなたの業界について知らない前提で書く)
・見やすいように項目立てする
・図や表を多用して分かりやすくする
・数値計画は正確に!(審査員は数字のプロです)

おわりに

 いかがでしたでしょうか。数ある補助金の中でも比較的取り組みやすい小規模事業者持続化補助金。しかし、何となく書いて通るというものでもありません。しっかりした事前準備や情報収集を行って臨みましょう。
 今年度はすでに4回の締切日が設定されていて、次回の締め切りは6月5日です。新型コロナウイルスの影響で補助金チャレンジを諦める事業者が増えていますので、早めのチャレンジが吉かもしれません。

 政府、行政からの支援策は日を追うごとに追加・修正が発生しています。皆様のお役に立ちそうな情報がありましたら、随時、掲載していきます。
 最後までお読み頂きありがとうございました。


野口和義
野口コンサルタント事務所代表。中小企業診断士、行政書士。座右の銘は「罪を憎んで人を憎まず」。前職の日本マクドナルド(株)で1,000人以上の人材育成に携わってきた。現在は経営コンサルタントとして活動、「人づくり」と「仕組みづくり」で企業を強くすることをモットーにしている。得意分野は人事制度、人材育成、社員教育。得意業種は飲食業。数々の不振店をV字回復させてきた実績をもとに、店舗改善や集客支援などを行っている。また、補助金を含む中小企業支援施策の活用支援実績も豊富である。
mail   [email protected]
URL    https://noguchi-office.com/


SNSでフォローする