食の未来が見えるウェブマガジン「料理王国」

【自宅でできる絶品レシピ】プロ直伝こだわりのカレー3選


スパイスの達人が作る「基本のチキンカレー」

「インドアメリカン貿易商会」の3代目経営者を本業とし、インド食品の輸入、オリジナル商品の開発・販売に携わるシャンカール野口さん。
「基本のチキンカレー」は、スパイスを巧みに利用し、鶏モモ肉のジューシーさを最大限に引き出した一品です。

基本のチキンカレー 

材料(4人分)

鶏モモ肉…500g(一口大)
塩・コショウ…適量
菜種油…大さじ3

<はじめのホールスパイス>
クミンシード…小さじ1/2パクチー…5枝分の根の部分(みじん切り)
玉ねぎ…2個(みじん切り)
ニンニク…1片(すりおろし)
ショウガ…1片(すりおろし)
トマト…1個(1cmのサイコロ切り)

<2番目のパウダースパイス>
コリアンダー…大さじ1
クミンパウダー…小さじ2
ターメリック…小さじ1
レッドチリペッパー…小さじ1/2
塩…小さじ1
生乳ヨーグルト…300g
水…200ml

<最後のスパイス>
ガラムマサラ…小さじ2/3
パクチー…5枝

作り方

(1) 鶏もも肉の下準備をする。一口大に切った鶏ももをボウルに入れ、肉に塩・コショウ(適量)を加えて軽く揉み、そのまま1時間以上置いておく。

(2) 鍋に菜種油を入れて温め、クミンシードと細かく刻んだパクチーの根を「はじめのスパイス」として加え炒める。

  
(3)パクチーの根に火が通り焼けてきたら玉ねぎを加え、中火強で炒める。火を徐々に弱め、玉ねぎがきつね色になるまで炒める。途中で焦げそうになったら水を加える。

(4)ニンニク、ショウガと水大さじ2(分量外)を加えて2分ほど炒める。ニンニクの香りが立ってきたらトマトを加える。トマトが煮崩れて、全体がペースト状になったら火を弱め、「2番目のパウダースパイス」と水大さじ2(分量外)を加える。

(5)スパイスを加えて2分ほど中火で混ぜながら炒めたら、①の鶏もも肉を加える。

(6)3分ほど炒め合わせ肉の表面が焼けてきたら、生乳ヨーグルトと水200mlを加える。全体がグツグツ煮えてきたら蓋をして、弱火で30分ほど煮込む。途中で何度か蓋を開け、鍋底からしっかりかき混ぜる。

(7)「最後のスパイス」としてパクチーのみじん切りを加え、1分程煮たらガラムマサラを加える。最後に塩で味を整えて完成。

田中英代=取材、文 小沼祐介=撮影
text by Hanayo Tanaka photos by Yusuke Onuma

→ 次は人気フランス料理店のまかないカレー


SNSでフォローする