食の未来が見えるウェブマガジン「料理王国」

東京の『今』を発信し続ける 「タイムアウト東京株式会社」代表取締役 伏谷博之さん


大学時代に成り行きで入社したタワーレコード株式会社。そこで、代表取締役社長まで上り詰めた。「NOMUSIC, NO LIFE.(音楽なしでは生きていけない)」というキャッチコピーで、日本の音楽シーンを牽引し続けてきた立役者のひとりだ。しかし、4 年後にあっさり退任。2009年にアートや音楽、グルメ、イベントなど東京のマルチ情報を発信するタイムアウト東京株式会社を設立した。

「ちょうど訪日外国人が増え始めた時期で、街を歩いている外国人は観光客だけではなくなりつつあった。だからこそ、東京に住んでいる人だけではなく、マルチリンガルで世界の人たちに東京の魅力を伝えていきたいと考えたんです」
『タイムアウト』は、1968年にロンドンで生まれたライフスタイルマガジンだ。ロンドンやニューヨークなど世界25カ国39都市で発行され、世界的に知名度も高い。

時代の最前線で情報を発信し続ける今の伏谷さんにとって、魅力的なシェフやレストランとは、どんなものなのだろう。

Hiroyuki Fushitani
1966年島根県生まれ。1991年関西外国語大学卒業。大学在学中にタワーレコード株式会社に入社。マーケティング本部本部長、執行役員マーケティング担当などを経て、2005年に代表取締役社長に就任。2009年にタイムアウト東京株式会社を設立し、代表取締役社長に就任した。現在「タイムアウト東京」では、アートや音楽、グルメ、イベントなど東京のマルチな情報を発信している。

伏谷さんの惹かれるシェフの法則
1.お客の願望を徹底的に掴める
2.ゲストの日常にするりと入り込める
3.どちらかを選ぶのではなく、どちらも選ぶ

伏谷さんの惹かれるシェフの法則とは?


SNSでフォローする