食の未来が見えるウェブマガジン「料理王国」

スーパーフードのケールで作る「冬のミネストローネ」


【レシピ】冬のミネストローネ

煮崩れしないケール料理の定番といえばスープ

【地域】 イタリア、スペイン、イギリス、フランス
ケールを加えた冬野菜のミネストローネ。ヨーロッパでは野菜の組み合わせを替え、年中旬のスープが食卓にのぼる。ケールは冬が旬。煮崩れないのでしっかりとした旨味が楽しめる。ブラジルのカルド・ヴェルデ(緑のスープ)も同様の作り方で、必ずケールが入る。味出しには、ともに生ハムほか、加工肉を加える。ポタージュにしても良い。

材料(作りやすい分量)

ケール(150gのものを使用)……1枚
カリフラワー(粗みじん切り)……1/4個
にんじん(粗みじん切り)……30g
玉ねぎ(粗みじん切り)……30g
生ハム(粗みじん切り)……50g
ミックスビーンズ(水煮缶を使用・汁気をきる)……50g
塩……小さじ1/2
こしょう……少々 
粉チーズ……適量
オリーブ油……大さじ1/2
バター……大さじ1/2

作り方

  1. ケールは縦半分に切って軸を除き、共に粗みじんに切る。
  2. 鍋に油とバターを入れて火にかけ、玉ねぎ、にんじん、カリフラワー、ケールを加えて中火で炒める。
  3. 全体に油が馴染んだらミックスビーンズと生ハムを加え、水3カップを加えて弱めの中火で20分ほど煮、塩こしょうで調味する。
  4. 器に注ぎ、粉チーズをかける。好みでオリーブ油(分量外)をふる。

edit&text 𠮷田佳代、 photo 公文美和、 料理監修 荻野恭子

本記事は雑誌料理王国2020年12月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は2020年12月号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする