食の未来が見えるウェブマガジン

テイクアウトアプリの新生。menuとは何なのか?運営会社に聞いてみた。

最近、外出の自粛などで多くの方がテイクアウト業態を考えていたり、始めたりしています。もともと、個人的には色々なお店がテイクアウトをしてくれれば便利なのに・・・と思っていたところでもあり、現状ですと、感染予防適意味合いが強いですが、コロナ後もテイクアウトは文化として残るのではと考えています。

しかし、テイクアウトをはじめても、告知効果が少ないとか、やり取りが煩雑であるなどの話もまたよく聞きます。そこで、今回は羊のお店の紹介などは一時お休みし、テイクアウトアプリについてお話を聞いてきました。こちら、食イベントでなにか一緒に出来ないかと前々から注目していた会社さんでした。

今回は、menu株式会社 執行役員 佐藤裕一さんにお話を伺いました。(取材は遠隔・以下敬称略)

まずは、すごい基本なのですがmenuとは何かを教えて下さい

実は私、これ系のアプリあまり知らずに今まで過ごしてきていまして、消費者としても思い切り素人な私。Uber Eatsを最近使ってみて「ああ、なるほど!」と思ったぐらいのレベルです。せっかくなので恥を忍んで色々と聞いてみました。

アプリmenuのサービスの特徴を詳しく教えていただけますか??

menuは、テイクアウトアプリとしてリリースし、今まで都内の飲食店2300店舗以上にご加盟いただきました。2020年4月7日から東京23区一部エリアを対象としてデリバリーサービスを開始。また、2020年4月13日からはテイクアウトが先行して全国対応となります。

なるほど。出前系アプリは知っていましたが、テイクアウトアプリは実は初耳です(私だけかもしれませんが・・・)。ユーザー向けと、飲食店向けに特徴を分けて頂くとどうなりますか??

ユーザー向け特徴としては「どこのお店がテイクアウトできるかマップ上で探せるので、近くのテイクアウトグルメが探せます。また、今までテイクアウトを導入していない店舗さんにもご加盟いただいたり、menu限定で注文可能なメニューがある店舗様もあったりと、テイクアウトの楽しみを広げるアプリとなっています。また、menuユーザーの口コミが見られるので、お店選びの参考になるかと思います。」

今いる位置でテイクアウトのお店がすぐに解るということですね。これは便利!結構テイクアウト情報の更新情報もすぐに反映されているみたいでいいですね、色々なところでテイクアウト情報が出ているのですが、お店側で情報の更新がされてなかったりするのでこれはいいですね。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
「料理王国Web無料会員」にご登録いただくと、登録した方だけにご覧いただける本誌のバックナンバーの閲覧、無料会員限定記事をお読みいただけるほか、メールマガジンで、プレゼントや特別イベントなどのご案内をお届けします。会員の方はログインしてください。
会員登録はお済みですか?
SNSでフォローする