食の未来が見えるウェブマガジン「料理王国」

ドール廃棄バナナゼロ宣言の取り組み 『もったいないバナナ』プロジェクト 発足


株式会社ドール(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 渡辺 陽介、以下 ドール)は、国連の制定する「食品ロスと廃棄に関する啓発の国際デー」である9月29日、廃棄バナナを削減するSDGs活動として『もったいないバナナ』プロジェクトを本格始動。第1弾の活動として、本プロジェクトに賛同するバナナジューススタンド2企業7店舗に廃棄バナナを提供している。

ドールでは2025年までにフルーツの廃棄ゼロに向けて取り組む。これを達成するための方法の1つとして、有機廃棄物を新しい用途や製品に使用する取り組みを進めている。これまで廃棄されていたバナナをジュースにすることで、フードロス問題解決に貢献することはもちろん、購入者の「フードロス削減」に対する意識を向上させるきっかけになる事を目的としている。

SDGsの取り組みプロジェクト概要

名称 :『もったいないバナナ』プロジェクト
取扱商材:フィリピン産・エクアドル産・ペルー産バナナ
賛同店舗:・7days BANANA(伊勢店、大井町店、表参道店、天王寺ミオ店) ・BANANA STAND(仙川駅ナカ店、ミッテン府中店、桜上水店)
プロジェクトサイト:https://www.dole.co.jp/special/mottainaibanana/


SNSでフォローする