食の未来が見えるウェブマガジン

日本橋に“くる店”「旬蕾」


日本橋は美味を供する完成度の高い街。これからの10年、どんな街に育って「ゆく」のだろう。
こちらは「日本橋に“くる店”」。日本酒や焼酎など“和酒”の目利きの良さで名を馳せる渋谷の名店「ウメバチ」が、人形町2丁目の末廣神社の向かいで開店。その準備のために渋谷で試食会をしている様子を取材させていただいた。

「蒸し野菜」(価格未定)。紅隼人(さつまいも)、スティックセニョール、日野菜かぶ、スワンかぶなど、石川県の「あんがとう農園」から取り寄せた野菜を、皮付きのまま蒸籠で蒸しただけ…なのだが、その濃厚な味わいには驚愕
鶏のせせりのつくねと白神山地産の舞茸に、一番出汁を注いで器ごと蒸した「つくねと旬野菜の蒸し碗」(価格未定)。
女将の中村照葉さんは福岡出身ゆえ九州各地の食材も増やす予定
姉妹店「ウメバチ」で、試作した料理の味見大会を開催

まるでバターを絡めたような味わいのかぶや甘みの余韻が舌に居座るビーツなど、全国のクリエイティブな生産者から取り寄せる食材の美味しさと栄養価を損なわずに楽しむことを考えると「蒸す」という調理法に特化するという道が見えた!ということで蒸し料理と和酒を揃えた酒場として羽ばたく予定。

旬蕾
東京都中央区日本橋人形町2-24-5 日本橋澤井ビル1F
月~金17:00 ~ 23:00
土日休
予約については、以下よりメールで問い合わせのこと
[email protected]

text 小林淳一 photo 八田政玄

本記事は雑誌料理王国2020年2月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は2020年2月号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする