食の未来が見えるウェブマガジン「料理王国」

自宅で簡単!ビールのおつまみメニュー5選


ビールに合うポテトサラダ

ほどよい酸味が後を引く、店の看板ポテサラ。実は家でも簡単に作れます。具は、ゴロリと大きめの角切りハムとタマネギだけ。ちょっと多いかな、と思うぐらい酢を加えるのがポイントです。

材料

ジャガイモ(メークイン)…4個/タマネギ(みじん切り)…1/4個分/ロースハム(1㎝の角切り)…100ℊ/マヨネーズ…大さじ山盛り5/塩、コショウ…各適量/酢…大さじ2

作り方

1. ジャガイモを皮ごとゆでて皮をむき、熱いうちに、塩、コショウ、酢をふりかけてよく混ぜ、冷ましておく。
2. タマネギを塩もみして10分間ほどおき、水分を絞る。
3. 1に2、ロースハム、マヨネーズを加え、混ぜる。

best match beer
「エーデルワイス スノーフレッシュ」(オーストリア)

小麦ベースのフルーティーなヴァイスビールに、ミントなど6種のアルペンハーブで香味づけ。爽やかな花のようなすばらしい香りとほんのりした甘さが特徴。ポテトサラダの酸味とよく合う。

ホットドッグ

小腹がすいた時のつまみなら、これ。ぜひ、肉汁たっぷりのソーセージを使ってください。ピクルスやタマネギは刻んだほうがかぶりつきやすいです。マスタードもケチャップもたっぷりかけて、ガブッとどうぞ!

材料

ドッグ用パン…小1個/ソーセージ(ジョンソンビル社のスモークブラッツがおすすめ)…1本/ザワークラウト…大さじ2/ピクルス(みじん切り)…大さじ2/タマネギ(みじん切り)…大さじ1/マスタード…適量/ケチャップ…適量

作り方

1. パンを軽くトーストする。
2. ソーセージをゆでる。
3. 1に切り込みを入れ、2を挟み、ザワークラウト、タマネギ、ピクルスをのせる。
4. マスタード、ケチャップをたっぷりとかける。

best match beer
「マウイ ビッグスウェルIPA」(アメリカ)

アメリカンIPA(インディアペールエール)は、シトラスホップをふんだんに使った柑橘系のアロマが爽やかで、口の中にグレープフルーツのような香りが広がる。やや強めの苦味も心地よい。これでオイリーなホットドッグを流し込む。

燻製ニシン缶詰の香草焼き

缶を開け、パン粉をかけて焼くだけと簡単なのに、複雑な味わい。缶詰はいろいろ試しましたが、アイルランド産の「KTキッパーヘリング」が、スモーキーさが際立っていて最適だと思います。

材料

燻製ニシンのオイル煮缶詰…1缶/ハーブパン粉(パン粉とパセリのみじん切り7:3)…大さじ5/レモン(くし切り)…1片

作り方

1. 缶詰を開ける。
2. よく混ぜたハーブパン粉を1にまんべんなくふりかける。
3. トースターやオーブンで、しっかり焼き目がつくまで焼き、レモンを搾る。

best match beer
「ハーヴェストムーン ペールエール」(日本) 

千葉県舞浜産の受賞歴多数のビール。
イギリススタイルのペールエール。
噛んでもおいしいキャラメルモルトの香ばしさやコク、英国産ホップの紅茶のような華やかな香りが楽しい。

簡単バッファローウィング

アメリカンジャンクフードの隠れ名品を簡単に再現しました。食べるとけっこう辛くてほんのり酸っぱい。そこがビールに合う。鶏は下味なしで大丈夫。辛さは自分好みにカスタマイズしましょう。

材料

鶏手羽元…6本/トマトジュース…大さじ4/タバスコ…大きく4ふり/ケチャップ…大さじ1

作り方

1. 鶏手羽をカリッといい色に素揚げする。
2. トマトジュース、タバスコ、ケチャップを混ぜ、1を加えてからめ5分間以上おく。

best match beer
「プリモ」(アメリカ)

辛口の料理には定番ライトラガー!冷たく冷えたやつを、スクリューキャップをひねって、ビンからそのままグビグビッと。
知る人ぞ知る伝説のハワイ地ビールの復刻版。

スペアリブのビール煮

しっかりした味の肉のつまみは、たくさん作って山盛りで出せばボリュームのあるもてなしの皿にもなります。ビールで煮ると肉もやわらか。一緒に飲むビールで煮込むのがおすすめです。

材料

スペアリブ…4本/ビール…1缶(350㎖)/コンソメキューブ…1個/ローズマリー…1枝/ニンニク…1片/タマネギ(スライス)…1/2個分/コショウ…適量

作り方

1. スペアリブにコショウをふり、表面をフライパンでさっと焼く。
2. 1、ビール、コンソメキューブ、ローズマリー、ニンニク、タマネギを鍋に入れ、40分間ほど煮込む。

best match beer
「志賀高原ポーター」(日本)

コーヒーやチョコレートのようなロースト香が特徴の、濃い色のエール。しっかりした味付けの肉料理も難なく受け止められる、深くコクのある味わい。


本記事は雑誌料理王国第192号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は第192号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする