食の未来が見えるウェブマガジン

【歩みを止めない醸造家たち】一般社団法人「J.S.P」がスタート。代表理事は「新政」佐藤氏。


地酒業界の発展を目的に、日本酒と焼酎の計39蔵が集結し、一般社団法人「J.S.P(ジャパンサケショウチュウプラットフォーム)」の創立が発表された。 YouTubeチャンネルを開設するなど、蔵元から情報を直接発信していく。今後の動きに注目したい。

酒文化啓蒙を目的に「國酒」の名のもとに集結

コロナ禍で外食産業が壊滅的なダメージを受けているが、同時に日本酒をはじめ酒造メーカーも非常に苦しい状況だ。一刻も早い収束を願うばかりだが、コロナ禍により「改めて見直そう」というマインドが浸透したのも事実だ。

「この現状を打破するには、どうすればいいか」、「自分は何ができるか、何がやりたいのか」、「本質とは何か」と、考えるきっかけにもなった。そんな中、日本酒と焼酎メーカーによる一般社団法人「J.S.P(ジャパンサケショウチュウプラットフォーム)」の創立が、TwitterとInstagramの公式アカウント(jsp_association)で発表された。

2020年12月26日午後6時から創立会見をYouTubeで配信。創立テーマは「地酒業界の未来へつなげる」。 日本酒と焼酎のジャンルを超え、さらには地域の垣根も越え、「國酒」の名のもとに志を同じくする39蔵が創立メンバーとなる。

代表理事に就任した新政酒造の佐藤祐輔社長に話を聞いた。
「これまで私たちは、日本酒や本格焼酎の酒造りの背景にある物語や思いを、自分たちでお伝えすることができていませんでした。日本酒と本格焼酎の魅力が、その卓越した味わいだけではなく、単なる加工業ではない伝統産業であるならば、その魅力は商品のみに宿るものではありません。


J.S.Pでは、蔵元からの情報発信に注力します。YouTubeチャンネルを開設し、蔵見学やファンミーティングも実施していく予定です。今まで当業界を支えてくださった方々、そしてこれから親しもうとする未来のファンのために、酒文化啓蒙ためのさまざまな取り組みを行なっていきます。また、酒蔵からのアウトプットだけではなく、会員間の技術向上、経営状態の安定化を目的とした相互扶助、勉強会や共同醸造なども行なっていければと思っています」。

日本酒と焼酎が、真の「國酒」となるためには、まだまだ消費者に受け取ってもらうべきメッセージがあるはずだ。J.S.Pが、それを担う。

一般社団法人J.S.P
加盟蔵元一覧(50音順)

日本酒

赤武赤武酒造株式会社
新政新政酒造株式会社
出雲富士富士酒造合資会社
一白水成福禄寿酒造株式会社
雨後の月相原酒造株式会社
笑四季笑四季酒造株式会社
風の森油長酒造株式会社
賀茂金秀金光酒造合資会社
加茂錦加茂錦酒造株式会社
酒屋八兵衛元坂酒造株式会社
而今木屋正酒造合資会社
七田天山酒造株式会社
七本鎗冨田酒造有限会社
仙禽株式会社せんきん
田中六五有限会社白糸酒造
田光合名会社早川酒造
天明曙酒造株式会社
天領盃天領盃酒造株式会社
萩の鶴萩野酒造株式会社
花の香花の香酒造株式会社
春霞合名会社栗林酒造店
飛良泉株式会社飛良泉本舗
富久長株式会社今田酒造本店
まんさくの花日の丸醸造株式会社
みむろ杉今西酒造株式会社
山形正宗水戸部酒造株式会社
山の井会津酒造株式会社
若波若波酒造合名会社

焼酎

青鹿毛柳田酒造合名会社
池の露合名会社天草酒造
一尚小牧醸造株式会社
薩摩の誉有限会社大山甚七商店
松露松露酒造株式会社
甑州吉永酒造株式会社
杜氏潤平小玉醸造合同会社
なかむら有限会社中村酒造場
情け嶋八丈興発株式会社
百年の孤独株式会社黒木本店
萬年有限会社渡邊酒造

一般社団法人J.S.P代表理事
新政酒造 八代目蔵元
佐藤祐輔(さとうゆうすけ)

真の日本酒文化と向き合い、全量生酛造り、無農薬栽培の自社圃場の所有など、蔵元に就任してから次々に蔵の改革を断行。その姿勢と哲学を学びたいという他蔵からの研修を受け入れたりと、業界の発展にも尽力してきた。J.S.Pでは幹部となる蔵元からの推薦を受け、代表理事に就任。

text 馬渕信彦

本記事は雑誌料理王国314号(2021年2月号)の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は314号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは、現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする