食の未来が見えるウェブマガジン

刺激し合うトップシェフ二人のコラボ!岸田周三さん、アンドレ・チャンさん

レストランカンテサンス 岸田周三さん・レストランアンドレ アンドレ・チャンさん

アジア人の感性を大切に独自のフランス料理に挑み続ける

レストランカンテサンス 岸田周三さん
レストランアンドレ アンドレ・チャンさん

東京とシンガポール、別々の舞台で活躍するアンドレ・チャンさんと岸田周三さんだが、かつてはフランスの星付きレストランで苦楽をともにした仲。独立してからも互いの存在を意識して仕事に励んできた。ふたりは、15年の時を経て、コラボレーションディナーの約束を果たした。習練と経験を重ねてきた今だから、いっそう互いのスケールの大きさを感じたと口を揃える。

私たちの共通点は、それぞれ違う目的で訪れるゲストのすべての期待に応えようと努力を続けている点です。

岸田シェフは、強い信念で内なる世界を追求する。アンドレシェフは、外からの刺激を咀嚼して成長していくタイプ。異なる料理哲学を持つふたりだが、実は15年ほど前、南仏モンペリエにあるフランス料理の名店「ジャルダン・デ・サンス」でともに修業をした。
修業を終えて別れる際、「きっといつか、一緒に料理をしよう」と誓い合ったのだ。

フランスからアフリカの島へ「一流の真似」だけはしたくない

フランスを後にしたふたりは、脇目もふらずにトップシェフへの道を突き進んできた。気付けば岸田さんは日本を代表する三ツ星シェフに、アンドレさんは国際都市シンガポール随一のスターシェフになっていた。岸田さんの営む「レストランカンテサンス」は2カ月先まで予約で埋まり、アンドレさんの店「レストランアンドレ」には、毎日必ず海外からの客で満席になる。そんなふたりが今春、東京で2日間だけのコラボレーションディナーを開いた。長年の夢の実現。このディナーには、総席数の5倍の申し込みがあったという。

多くのシェフとコラボレーションしてきたアンドレさんに対し、岸田さんは、これまでずっとオファーを断り続け、今回が初めてという。岸田さんにはその理由があった。「僕はかなり綿密にやりたいタイプなので、他人とのコラボには踏み切れなかった。でも、気心の知れたアンドレとならできると思って」

シンプルにしてモダン、凝縮された上質な料理を生み出す岸田さんが、最初の相手に選んだアンドレさんとは、どんな人なのだろうか――。

岸田さんの案内で築地市場を巡り、「マーケットからはエネルギーをもらうので、旅先でも必ず訪れるようにしています」とアンドレさん。シンガポールの一流寿司店に卸しているというマグロなどを興味深く眺めていた。
岸田さんの案内で築地市場を巡り、「マーケットからはエネルギーをもらうので、旅先でも必ず訪れるようにしています」とアンドレさん。シンガポールの一流寿司店に卸しているというマグロなどを興味深く眺めていた。

次ページ:アンドレさんの料理哲学


SNSでフォローする