食の未来が見えるウェブマガジン

もしも世界に包丁がなかったら。モナリザ 河野透さん


もし料理人になっていなかったら、どんな仕事をしていましたか?
放送作家の小山薫堂さんが料理人の「もうひとつの人生」を聞き出します。

河野 透さん Toru Kawano
1957年宮崎県生まれ。フランスの「ギー・サヴォワ」「ジャマン」「ジョルジュ・ブラン」、スイスの「ジラルデ」で修業。93年より恵比寿の「タイユバン・ロブション」初代シェフを務める。97年に自店「モナリザ」構える。

小山 この連載の締めくくりに、ロブションの愛弟子、河野さんをお迎えできて光栄です。このお店を始められたのは、いつですか?

河野 「タイユバン・ロブション」を辞めて、1997年にここをオープンしました。

小山 なぜ店名を「モナリザ」に?

河野 僕が理想として思い描くのは、お客様が食事を楽しみながら幸せそうに微笑んでいる、そんな情景に溢れたレストランです。それで微笑みにちなんだ名前を付けた、という理由がまずひとつ。それから、『モナ・リザ』があるルーヴルという場所が、僕にとって特別だからという理由もあります。

小山 パリのルーヴル美術館ですね。

河野 調理師の専門学校を出た後、25歳でフランスに行きました。初めてづくしの道中は、海外旅行の楽しさよりも、孤独や不安な気持ちでいっぱいでした。そして、やっとパリに着いとき、ジプシーの少年たちに囲まれて持ち物を奪われたんです。

小山 えー!それはショックですね。

河野 手元に残ったのは、少しのお金と荷物、ガイドブック1冊です。悲しさを通り越して”どん底”。途方に暮れました。でも、見送ってくれた友人たちの顔を思い出したら「このまま帰るわけにはいかない、不安に怯えていても仕方ない」って思えてきたのです。それがルーヴル美術館の裏庭でした。

小山 前を向いたその瞬間、その場所が、河野さんの人生の分岐点だったのですね。

河野 そうです。そうやって心を決めた後は、なぜか物事が上手く運んでいったんです。アルバイト先や泊まるところがすんなり見つかったり、協力してくれる人が現れたり。

小山 頑張る人には、神様が、いや『モナ・リザ』が微笑んでくれる、ということかもしれませんね。

河野 本当にそう思いますよ。あの頃の出来事を思い出すと、何か不思議な力に導かれていたようにすら感じます。

小山 パリでは「ギー・サヴォワ」を経て、「ジャマン」へ入られたのですよね。

河野 ギー・サヴォワに比べたらジャマンは客席数が少ないから楽だろう、なんて思っていたのですが、まったくの見当違い。毎日毎日、神経をすり減らしました。

小山 ロブションはそんなに厳しいですか?

河野 ええ。彼が出勤すると、店の中は一気に緊張感に包まれます。食材、仕込み、調理、盛りつけ、すべてに対するダメ出しが始まるからです。少しでも気になるところがあると「やり直せ!」と怒ります。例えば肉の焼き具合をちょっと触って確かめ、「これはロゼじゃない」っていうのです。で、切ってみるとその通りなんですよね。そうやって毎日皿は突き返されます。僕らはいつも冷や汗をかき、緊張で手を震わせながら厨房に立っていました。

小山 それでもみんな働きたいんですよね。

河野 学ぶことは本当に多いですし、大きな実績になりますから。

小山 ところで連載の本題ですが、河野さんはもしシェフではなかったら何に?

河野 ミュージシャンですね。ギターを弾いて歌うのが好きなんです。パリやスイスにいた間にも、よく弾いていました。レマン湖のほとりでギターをかきな鳴らして熱唱するのは爽快ですよ!僕のストレス解消法でした。

ミュージシャンになりたかった 河野 透

包丁がギターに替わっても、多く人を魅了しただろう。小山薫堂

「日本人にフランス料理はつくれない」という風潮の中、努力と研鑽で上りつめた河野シェフ。その孤独な戦いに癒しを与えたのが、ギターと歌だった。
ローザンヌの街に響かせた井上陽水は、その日の夕飯代くらいのチップを集めたそう。さすが、一流のエンターティナー!(小山薫堂)

MONNALISA
レストラン モナリザ
恵比寿本店東京都港区恵比寿西1-14-4 1F
03-5458-1887
● 11:30~14:00 LO、17:30~21:30LO
● 無休
www.monnalisa.co.jp


小山薫堂
1964年熊本県生まれ。放送作家・脚本家。国際エミー賞に入賞した「料理の鉄人」「トリセツ」など斬新なテレビ番組を数多く企画。初めての映画脚本を担った『おくりびと』でも多数の賞を受賞。そのほかに、絵本の翻訳、小説の執筆、雑誌へのエッセイの寄稿など活躍は多岐にわたる。

井本千佳=構成/文 依田佳子=写真

本記事は雑誌料理王国第220号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は第220号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする