食の未来が見えるウェブマガジン

シャンパーニュと合わせるスタイリッシュな台湾料理


日本において、台湾料理店はフランクに訪問できるイメージが強い。そんな中で「富錦樹台菜香檳(フージンツリー)」は、ワンランク上のお店として日本初上陸。新たな価値観が人気を呼んでいる。

台湾の人気アーティスト、リー・チー氏が作ったボタニカルアートたち。デザインにインパクトがあるために存在感たっぷりで、見る人の目を引く。

“シャンパーニュと楽しむ台湾料理”をテーマに、本国で人気を博しているこちらのお店が、日本橋に初上陸したのが、2019年9月。今までの台湾料理のイメージを覆し、シャンパーニュとともに味わうスタイリッシュなレストランだ。

開放感あふれるテラス席もおすすめ。日本橋の空気を肌で感じながら食事を楽しむことが出来る。

台北本店は、2014年のオープン以来多くのグルメファンを魅了してきた名店。台湾では食事とお酒を一緒に味わう文化がなかったが、日本をはじめ世界中のレストランを意識して、お酒と楽しめる今のスタイルを発信。メニューは台南の家庭料理をベースとし、現地同様ボリュームもある。通常は油をたっぷりと使う料理が多いが、ここでは油を極力控えて調理。調味料も塩味の強いものは控え、ハーブや香辛料、フルーツなどで味にアクセントをつけてメリハリをプラス。ヘルシーながらもお酒に合う味付けを意識している。食材は台湾でしか手に入らない食材も仕入れ、日本ではめったに食べられないようなメニューも盛りだくさんだ。内装を含め、細部にわたるまで創業オーナーのジェイ・ウー氏がこだわりのブランディング。新しい台湾食文化を伝えるべく誕生した名店が日本でもすでに人気を集めている。

人気No.1メニュー「花ニラとピータン 豚挽肉のピリ辛炒め」1,680円。「赤米入りご飯」280円にかけて食べるのがおすすめ。
「水蓮菜と木の実の炒め」1,480円。台湾食材の一つである水連菜を使用。シャキシャキとした食感が小気味良い。ハブシと呼ばれる台湾の木の実の漬物がアクセント。
「カキと揚げパンのニンニクソース」1,880円。ベビーオイスターと揚げパンをオイスターソースで炒めた料理。甘辛い味付けとニンニクの風味が食欲をそそる。

富錦樹台菜香檳(フージンツリー)


東京都中央区日本橋室町3-2-1
COREDO室町テラス 2F
TEL 03-6262-5611
月~日11:00 ~ 22:00 LO
無休 (ただし施設に準じる)


text 竹野 愛里、青山友美 photo 田村浩章

田村浩章本記事は雑誌料理王国2020年2月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は2020年2月号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする