食の未来が見えるウェブマガジン

ナポリっ子が長蛇の列を成す!ナポリピッツァのカリスマ 日本橋に上陸


並ばないと言われるナポリっ子が長蛇の列を成す、創業80年の「ジーノ・ソルビッロ」が2019年9月、COREDO室町テラスに登場。どこまでもイタリアを愛する熱量から、本場同様のテイストが堪能できる。

ナポリピッツァのカリスマと呼ばれる、ジーノ・ソルビッロ氏のピッツェリアが遂に日本初上陸。数あるピッツェリアの中でも、知らない人はいないと言われるほどの名店だ。なんとこちらの店には、日本橋の老舗との驚きの共通点があった。1935年の創業以来、一族で伝統の味を継承し続けてきていると言うのだ。その事実こそが、日本橋エリアとの相性の良さを感じずにはいられない。ジーノ氏の父サルバトーレ氏は21人兄弟の19番目だそうだが、なんと21名すべてがピッツァ職人とのこと。もはやソルビッロ家には、運命ならぬ宿命が定められているのでは?とさえ感じる。

ピザ窯ももちろんイタリアから輸入。本場の職人により、500°Cの高温で一枚をわずか40~50秒ほどで焼き上げる。伝統製法を守るため、イタリアから職人が交代で来日し、腕を振るう。
7種のピッツァメニューすべてが、テイクアウトもOK。焼き立てでなくとも美味しいのが嬉しいが、ご自宅でのリベイクもおすすめ。ホームパーティの主役に。

そんな名店のピッツァメニューは7種類。
直径30センチ以上あるダイナミックなサイズにまずは歓喜。運ばれてきた熱々ピッツァを目にすると、誰もが一秒でも早く口に入れたいと思うに違いない。ナポリの伝統製法だという、小麦の風味をしっかりと感じる薄く軟らかな生地は、ナイフとフォークを使って食べるのがおすすめ。

サルシッチャフリアリエッリ1,890円。プロヴォーラチーズ、ソーセージ、オリーブオイル、フリアリエッリ(イタリア野菜)の組み合わせはイタリアっ子には定番の味。
マルゲリータ ブファラ 1,780円。一番の代表メニュー。一度食べる と脳内に味が刻まれる。通常のマルゲリータとの違いは、モッツアレラ が水牛のモッツアレラになっている。
ピッツァフリッタ1,680円。ナストロアズーロ/生750円。チッチョリ(豚バララード煮)、リコッタチーズ、ブラックペッパーを包んだ、揚げピッツァはイタリアビールとともに。
バラディンナツィオナーレ850円/バラディンイザック850円/アントニアーナ950円。エチケットも目を惹くこだわりのイタリアビールは、ピザとの相性も抜群。
オッヴィオカタラット・シャルドネビオ/オッヴィオネーロダーヴォラ・カベルネビオ各グラス650円。キャラフェ2,100円自社直輸入のイタリアワインはコスパ良好。

オープンにあたり、食材をはじめ、テーブル板や装飾品にいたるまで、ほとんどのものをイタリアから直輸入。できる限りイタリアと同じ条件に近づけた。そしてイタリアの店同様、予約は不可なのでご注意を。

Gino Sorbillo
Artista Pizza Napoletana (ジーノ・ソルビッロアーティスタ ピッツァ ナポレターナ)
東京都中央区日本橋室町3-2-1 COREDO室町テラス1F
TEL 03-6910-3553
11:00 ~ 23:00
不定休

text 竹野愛里、青山友美 photo 田村浩章

本記事は雑誌料理王国2020年2月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は2020年2月号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする