食の未来が見えるウェブマガジン

4:3:2の万能タレで作る 和風トンテキ


「和風トンテキ」 日本料理 佐とう 佐藤良輔シェフ

今回、「日本料理佐とう」の佐藤シェフに教えていただいたレシピは、ジューシーな和風トンテキ。
動画では豚ロースで作っていただきましたが、万能タレさえあれば薄切り肉でも簡単においしく作れます。 万能タレの4・3・2の配合は覚えておいて損なし!
佐藤シェフが、ご家庭の台所でもプロの味に仕上がるコツを細やかに解説してくださいました。ぜひ挑戦してみてください。

【シェフ直伝・秘伝の調理方法 その1】

3つの調味料を合わせるだけ。万能タレの作り方

タレは、酒:濃口しょうゆ:みりんを、4:3:2の割合で混ぜて作ります。
「この割合でタレを作れば、違う厚さのお肉でもおいしくできますよ」と佐藤シェフ。
生姜焼きなど、他のさまざまな料理にも応用できる万能のタレです。

動画はこちらから!

https://www.youtube.com/watch?v=YUtvLQsrei0&feature=youtu.be

【シェフ直伝・秘伝の調理方法 その2】

家庭の台所でもプロのように焼ける!豚肉の火入れのコツ

脂身まわりの筋に火が入りにくいため、均一に焼けるように包丁で切れ目を入れます。
小麦粉と片栗粉を半量ずつ合わせた粉を肉によくまぶし、よく落としたら、フライパンで香ばしく焼いていきます。「油ハネしやすいので、ご家庭ではホイルを被せると良いと思います」と佐藤シェフ。 きつね色に焼き目が付いたところで、タレを加えて煮込んでいきます。


焼き加減は箸で豚肉を触って見極めます。箸で押して跡が付く場合はまだ生焼け。
跡が目立たなくなったら火が入ったサインです。
火の入りにくい脂身周辺が焼けていることが確認できれば、赤味にも火が通ってジューシーに仕上がった証拠。肉のほうが先に焼けた場合はあとでタレだけを煮詰めます。

動画はこちらから!

https://www.youtube.com/watch?v=YUtvLQsrei0&feature=youtu.be

【シェフ紹介】

東京大田区「大岡山駅」から徒歩5分の住宅街に佇むミシュランビブグルマン掲載店「日本料理 佐とう」。老舗料亭で経験を積んだ佐藤シェフによる、親しみ深い正統派の日本料理をご堪能いただけます。

プロの技を動画でご確認ください

https://www.youtube.com/watch?v=YUtvLQsrei0&feature=youtu.be

=店舗紹介=
【店舗名】 日本料理 佐とう
【住所】〒145-0062
    東京都大田区北千束1-59-12 プレミアムキューブ大岡山1F
【電話】 03-6459-5464
【営業時間】  昼 11:30~14:00( L.O. 13:30)
        夜 18:00~22:00( L.O. 21:30)
【定休日】  水曜日
【URL】 http://wa-satou.com/


SNSでフォローする