食の未来が見えるウェブマガジン

「0.6%」を支える北の羊飼い#3 池田町で牧羊の原風景を見る 安西浩/BOYA FARM


国産の羊肉は希少である。国内に流通する羊肉のうち国産はわずか0.6%。一般の家庭ではほとんど食卓に上ることはなく、プロでも国産の羊を使うことができるのは、星がつくようなごく一部のトップシェフのみ。そうした極上の羊肉は、北海道から送り出される。国産羊肉の実に50%以上が北海道で生まれ育った羊なのだ。北海道で羊に生き、羊と暮らす、5人の羊飼いに会うため、「羊SUNRISE」の関澤波留人さんとともに北海道は道東へと飛んだ。

池田町で牧羊の原風景を見る
安西浩 BOYA FARM

 牧場主の安西浩さんが犬笛を吹くと、3匹のボーダーコリーが勢いよく駆け出していく。単音と長音の組み合わせで、それぞれの犬はときに大きく旋回し、ときに羊ににじり寄る。そうして群れで行動する羊の集団を追い込んでいく。

 総頭数約1000頭。道内でも最大クラスのBOYA FARMはスキーウェアのBOYAブランドを母体として1989年に羊を導入した。当初はウェアの羊毛を採取するための生産牧場だったが、操業するうちに羊肉の生産牧場へと舵を切っていった。

「創業時は、ウールの王様と言われるメリノなど毛用種の血統が強かったんですが、導入した羊にペレンデールという毛肉兼用種がいたんです。ニュージーランドの山岳地帯でもしっかり育つ品種で、傾斜地の多いうちに向いていた。肉質、歩留まりともよくて、最初にあの品種を導入していてよかったですね」

 山ひとつまるごとという広大な放牧地での多頭飼い。現在は安西さんと、若い男女のスタッフ2人の合計3人ですべての羊の面倒を見る。

笛の音の長短や高低の組み合わせで、牧羊犬に羊を追わせる。

 だが羊飼いは儲からないと言われる。ラムの枝肉規格は重量と脂肪の厚みで決定される。標準的な「M」で枝肉(左右半丸の合計)重量は20 ~25kg。その重量は、黒毛和牛の約20分の1である。つまり、同じ「一頭」を手塩にかけても、肉の重量は牛の5%に過ぎない。

 近頃「ラムが高い」とお嘆きの方もいるだろうが、一頭からとれる肉の量が少なく、放牧や飼料管理に手がかかる。そんな畜産動物がリーズナブルに取り引きされるとしたら、マーケットは回らないし、第一、生産者だって浮かばれない。「単純に規模を大きくすればいいとは考えていませんが、企業として一定の規模は必要だと考えています。うちでもまだ頭数や飼育管理が不安定な面もあります。その分はここにある資源や技術で補いながら、羊飼いという事業を育てていきたいですね」

 その「資源」や「技術」を体感するため、丘の中腹にあるファームイン(農家民宿)に一泊させてもらった。

 小高い丘からは池田町の町が一望でき、赤く染まる夕焼けの下に十勝の借景が広がる。その手前にある牧草地で、羊の群れが草を喰む。

 夜は牧場内で羊肉を使ったバーベキューや加工肉に舌鼓を打つ。いい環境で育ち、いい状態で保存された十勝の羊肉は味が濃い上に、食後感も軽い。夜空を見上げれば、都会ではありえないような満天の星が降る。

ファームインの夕食は羊肉のバーベキュー。普段店頭で肉を焼いてばかりの関澤さんもこの日ばかりは舌鼓を打つ。

 日中、予約制で行なわれる牧羊犬ショーでは、安西さんとボーダーコリーが息を合わせて、羊の群れを誘導する。海外からのツアー客からやんやの喝采が送られる。

 生産牧場にも関わらず、なんと旨く、美しく、そして楽しいことか。

 池田町にあるこの牧場は、楽園である。

BOYA FARM
北海道中川郡池田町字清見224-2
TEL 090-3898-5598(アンザイ)
http://www.netbeet.ne.jp/~boya/


text 松浦達也 photo 岡本寿

※本特集で取り上げた牧場は観光牧場ではありません。取引申し込みや見学等に際しては事前連絡の上、牧場主の了承を得たのちに訪問してください。

本記事は雑誌料理王国2020年3月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は2020年3月号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする