食の未来が見えるウェブマガジン

ビールに合う!野菜のおつまみ6選


ご自宅で簡単にできる。野菜を使ったビールに合うおつまみのレシピを、6品ご紹介します。

キュウリのニンニクソース和え

ニンニクをしっかりきかせたソースが印象的な味わい。山椒の辛さもきいているので、コッテリした味わい料理の合間に食べると、口がさっぱりする。

材料(1人分)

キュウリ…1と1/2本、 赤トウガラシ…1g、 四川山椒…10粒、 ニンニク…8g、 サラダ油…180ml、 ゴマ油…小さじ1/2、 塩…小さじ1/4、 上白糖…小さじ1/4
米酢…小さじ1/2、 鶏ガラスープ…小さじ1/4

作り方

  1. キュウリは乱切りに、ニンニクはみじん切りにする。
  2. キュウリをボウルに入れ、赤トウガラシ、四川山椒、ニンニクを上にのせる。
  3. 180~190℃まで熱したサラダ油を上からかける。
  4. ゴマ油、塩、上白糖、米酢、鶏ガラスープを加え混ぜ、器に盛り付ける。

老江湖豆腐(ローチョントウフ)

豆腐をまるまる揚げた、いわば自家製厚揚げに、ひき肉餡を詰めたボリュームある一品。香味野菜やトウガラシの香りが強く、ビールによく合う。人気ナンバーワンの品。

材料(作りやすい量)

木綿豆腐…400g、 豚ひき肉…200g、 長ネギ…5g、 ショウガ…10g、 ニラ(みじん切り)…30g、 セロリ(みじん切り)…20g、 卵…1個、 塩…3g、 砂糖…3g、 チキンパウダー…1g
餡(長ネギ5g、ショウガ10g、トウガラシ6~7本、豆板醤15g、水、塩、砂糖、チキンパウダ ー、片栗粉…各適量)
煎りゴマ、アサツキ…各適量

作り方

  1. 木綿豆腐をサラダ油(分量外)で揚げる。表面が黄金色になったら引き上げ、氷水にあてて冷やす。
  2. 中に詰める肉餡を作る。豚ひき肉は、包丁で叩いてさらに細かいミンチにする。ニラ、セロリ、卵、塩、砂糖、チキンパウダーを加え、混ぜ合わせる。
  3. 豆腐の中心に切り込みを入れ、2の肉餡を挟む。蒸し器で15分間蒸す。
  4. 餡を作る。熱した鍋に油をひき、長ネギ、シ ョウガ、トウガラシを炒めて香りを出す。豆板醤、水、塩、砂糖、チキンパウダーを加えて味をととのえ、水溶き片栗粉でとろみをつける。
  5. 3を6等分に切り、餡をかける。煎りゴマとアサツキをふる。

冷やしトマト&たっぷりパクチーオニオンドレッシング

トマトの上に、シャンツァイ(パクチー)がてんこ盛りになった迫力の一品。自家製のオニオンドレッシングがさっぱりしているので、ボリュームがあっても、意外にペロリと食べられる。

材料(1人分)

トマト…1/2個、シャンツァイ(パクチー)…50gミズナ…10g、塩、コショウ…各適量
オニオンドレッシング
(サラダ油100ml、エクストラブオイル50ml、酢40ml、白ワイン20ml、マスタード20g、塩、コショウ各少量、すりおろしタマネギ20g)…適量

作り方

  1. オニオンドレッシングの材料を混ぜ合わせておく。
  2. トマトは2cm角に切る。シャンツァイとミズナは3cmの長さに切り揃えて混ぜ合わせる。
  3. トマトを器に並べ、その上にシャンツァイとミズナを盛る。塩、コショウをふり、オニオンドレッシングをまわしかける。

三種細切り冷菜の四川ソース和え

豆板醤と山椒をきかせたバンバンジーのたれで、押し豆腐や蒸し鶏などを和えた。リンゴが爽やかなアクセントになり、山椒の辛味とマッチして印象的な味わいに

材料(1人分)

キュウリ…15g、 リンゴ…15g、 蒸し鶏…15g、 押し豆腐…15g
四川ソース
(醤油小さじ2と1/2、上白糖小さじ2と1/2、米酢小さじ2、ラー油小さじ1、おろしショウガ小さじ1/2、おろしニンニク小さじ1/2、豆板醤小さじ1、四川粉山椒小さじ1、芝麻醤大さじ1)
カシューナッツ(砕き)…3g、 アサツキ(輪切り)…3g、 糸唐辛子…1g

作り方

  1. キュウリ、リンゴ、蒸し鶏、押し豆腐は、それぞれせん切りにする。
  2. 四川ソースの材料を混ぜ合わせる。
  3. 1の素材を合わせ、四川ソースで和える。器に盛り、カシューナッツ、アサツキ、糸トウガラシを添える。

キャロットケーキ

大根餅を卵で炒め、東南アジア独特のサンバルソースを添えるのがシンガポール流。中国料理とは違った、豊かな食感とオリエンタルな味わいが特徴だ。紹興酒にもよく合う。

材料(2人分)

大根餅…2枚、 卵…1個
ナンプラー…適量
カピ(小エビを塩漬けして発酵させた調味料)
ラード…適量
サンバルソース
(干しエビ、タマネギのみじん切り、トマトピューレ、豆板醤、カピ)…適量

作り方

  1. 大根餅は、2cm程度のさいの目に切り、170℃のサラダ油(分量外)で揚げる。
  2. 卵を溶き、ナンプラーとカピを加混ぜる。
  3. ラードをひいたフライパンに2を流し、ふわふわ感を保つようにしながら1を加えて炒める。
  4. 自家製のサンバルソース(くだいた干しエビとタマネギを炒め、トマトピューレ、豆板醤、カピなどを加えて煮詰めたもの)を添えて提供する。

調理のコツ
炒める際の油はラードを使用し、動物性の香りを加えるのがポイント。

豆苗炒め

家庭料理の定番ともいえる野菜炒め。豆苗をシンプルに炒めただけだが、飽きのこないうま味にあふれたひと皿だ。このほか、旬の野菜を数種組み合わせたものも用意している。

材料(1人分)

豆苗…1.5袋、塩…1.5g、チキンパウダー…0.6g

作り方

  1. 油(分量外)をひいた鍋を熱し、塩とチキンパウダーを加える。
  2. 豆苗を入れ、強火で20秒間ほど炒める。
  3. すぐに火からおろし、器に盛る。

調理のコツ
水気が出てしんなりしないよう、豆苗がさっと色づいたらすぐに火からおろすこと。


本記事は雑誌料理王国第173号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は第173号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする