食の未来が見えるウェブマガジン

スパイスの配合~香りの良いブレンドは、 無限に生み出せる!~


「スパイスメソッド」によれば、スパイスごとに適正な使用量がある。コリアンダー、クミン、カルダモンなどは多くてもいいが、ターメリックやブラックペッパーなどは控えめの方がいい。こちらで紹介したポークビンダルーを例にすると、コリアンダーが大さじ1(=小さじ3)に対して、ほかは小さじ1か1/2。使うスパイスの総量は「はじめのスパイス」と「中心のスパイス」の合計で小さじ8なので、使いたいスパイスを按分するとポークビンダル―のレシピのようになるというわけだ。「スパイスメソッド」のルールを守ると、素晴らしい香りのブレンドをほぼ無限に生み出せる。

ポークビンダルー

text 水 亨一 photo 八田政玄

本記事は雑誌料理王国2020年6・7月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は2020年6・7月号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする