食の未来が見えるウェブマガジン

【銘店の一皿】アイリッシュ・ポーターの黒リゾット

アイリッシュ・ポーターのクロリゾット

東京 渋谷 Shibuya Fromage 倶楽部

種類を超える多彩なチーズ揃え 店主の話と立飲みスタイルが注目の的

「Shibuya Fromage 倶楽部」は、チーズ好きから注目を集めているチーズ専門バーだ。理由はもちろん、豊富に揃った世界各国のチーズ。日々状態が変わるチーズの管理には時間を要し、「チーズの状態を確認しなから冷ケースに陳列するだけで分以上はかかる」という。

 渋谷道玄坂の大通りの路面店という立地のよさを活かした立飲みスタイル。グラスワイン400円~という気軽さとともに、店主の橋本さんの気さくな人柄もこの店に人が集まる理由。その話にも「チーズ愛」があふれ、「チーズ好き」ならずとも興味がわく。心地よくてつい長居をしてしまう。繁華街のど真ん中で、気軽に立ち寄れるチーズ専門バーとしてさらに注目を集めるだろう。

橋本浩一さん
koichi Hashimoto
1979年、埼玉出身。もともとショット・バーとして店を経営していたが、チーズ好きが高じて2012年11月にチーズ専門バーへ業態変更。

アイリッシュ・ポーターの黒リゾット

アイリッシュ・ポーターのクロリゾット

アイリッシュ・ポーターは黒ビールを練り込んだアイルランド産のチェダータイプのチーズ。チーズの酸味と黒ビール由来の苦味と香ばしさがリゾットに合う。目の前でナイフでたっぷりとチーズを削るパフォーマンスに客席から歓声が上がる。

材料(2人分)
米・・・1合/オリーブオイル・・・15㏄/ニンニク・・・1/2片/ベーコン・・・30ℊ/生クリーム・・・50㏄/グラナ・パダーノ・・・30ℊ/アイリッシュ・ポーター・・・30ℊ/タマネギ・・・1/8個/ローリエ・・・少量/ブイヨン・・・少々/塩、ブラックペッパー・・・適量

作り方

  1. 米を、ブイヨンを加えた水で硬めに炊きあげておく。
  2. 鍋にオリーブオイルを熱し、みじん切りにしたニンニクを加えて香りを出す。みじん切りのタマネギを加え、さらに短冊に切ったベーコンを加えて炒める。
  3. 2に1の硬めに炊いた米を入れて炒めたら水適量(分量外)、生クリーム、ローリエを加える。
  4. 3に、おろしたグラナ・パダーノとアイリッシュ・ポーターを加え、塩とブラックペッパーで味をととのえる。
  5. 4を皿に盛り、アイリッシュ・ポーターをナイフで削りながらリゾットの上にたっぷりとかける。
Shibuya Fromage 倶楽部

Shibuya Fromage 倶楽部
東京都渋谷区道玄坂2-10-1
03-3464-2030
● 17:00~翌2:00 日・祝日17:00~翌0:00
● 月休
※月曜が祝前日の場合は火曜に振替
www.fromageclub.com


杉本里香=取材、文 村川荘兵衛=撮影
text by Rika Sugimoto photos by Shohee Murakawa

本記事は雑誌料理王国第246号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は第246号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする