食の未来が見えるウェブマガジン

注目のシェフが語る!10年後も作り続けていたい料理


AIは敵か、味方か?
10年後も作り続けていたいひと皿

2045年にシンギュラリティ(技術的特異点)が訪れ、人間を超える人工知能ロボットの運用がはじまる、といわれています。
AI時代になったら仕事を奪われるのではないか──、と不安を覚える料理人もいるでしょう。

しかし、「料理王国」は、断言します。
おいしい料理を作り続けようと、日々戦う料理人たちは、必ずや「AIに勝つ」と

未来の料理人たちは、AIを味方にして、どんな食の未来を実現していくか。
注目のシェフたちに、「10年後も作り続けていたいひと皿」について、インタビューしました。


本記事は雑誌料理王国第291号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は第291号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする