食の未来が見えるウェブマガジン

【池袋駅北口エリア】未知なる食文化の発見!新中華街を旅する#1


大陸中国からの在留外国人が多く住む街が「新中華街」化し、その勢いが増幅している。従来までの”中華料理”では体験することができなかった、大陸中国の家庭料理や郷土料理やB級グルメなどの、いわば未知な食文化を、中国の演出方法そのままに無翻訳で国内にインストールしている飲食店が少なくない。
そんなこともあって、一部の中国料理ファンの間ではすでに新たな座標になりつつある。国内の在留外国人のうち中国人は約79万人。その数は年々増えている。ディープな「新中華街」の大陸中華化がなぜ止まらないのか?その理由を探ってみた。

駅前に広がる大陸中国。新中華街を探訪。

改札を出ると、そこは大陸だった。中国語や中国の食文化に明るいメンバーたちが今回訪れたのは、池袋駅北口、西川口駅、蕨駅周辺で拡大中の新中華街。都心から運賃数百円の駅前中国を体験すると、中華料理がもっと面白くなる。

今回の旅人

菊池一弘。羊肉好きのための消費者コミュニティ「羊齧協会」主席。北京での留学経験を機に中国文化への造詣を深める。新中華街研究が趣味。今回の旅の指南役。
吉野好輝。NHK world 中国語センター契約ディレクター、通訳。上海、復旦大学大学院中退。今回のツアーでは堪能な中国語力を大いに発揮。

上吉原 麻良。某外資系金融企業勤務。中国語会話レッスンをきっかけに中国文化への興味を深める。温かみのある素人目線での新中華街へのツッコミ担当。

池袋駅北口エリア

池袋駅「西口(北)」出口から街へと足を踏み入れると、そこはまるで大
陸中国。2005年あたりから急激に中国化したこの街が旅の起点だ。

中国食品スーパーが、なんと駅前の雑居ビルの4Fに。一般客だけでなく近隣の飲食店の厨房スタッフが買い出しに来る姿も。
鄧小平による改革開放のスローガンを文字った「安価提供こそが道理です」というキャッチを掲げるスーパー。「便宜」とは「安い」という意味。
スーパーの冷凍魚コーナーでは真空パックの魚と裸で凍っている魚が混在。…冷凍なので無問題という合理的な考え方が売り場にも。
「本場手作り餃子」という商品名の商品は、飲食店での提供時にメニューでも“手作り”をうたえるので重宝されているのだとか!

「駅前に中国食品のスーパーが2軒できたあたりから、池袋に中国人が増え始めたんです。買い物が便利になり、ますます中国人が集まるようになり、中国人専門の行政書士の事務所や不動産屋もできる…という具合に池袋が中国人にとって便利になっていく。そんな流れで拡大したのがこの街の構図です」というのは「羊齧協会」主席の菊池一弘(以下、菊池)。

少し歩いただけでも「UFO」と呼ばれる具入りの揚げパンのような福建省の名物スナックや、新疆ウイグル自治区のイスラム中華の店など、地域色が色濃い家庭料理やB級グルメを提供する店が多い。目につくのは「铁锅炖(鉄鍋料理)」や「烤羊肉(羊肉焼肉)」などの看板。いずれも中国の東北地方(黒龍江省・吉林省・遼寧省の東北3省のこと)の食文化だ。

商品名が「魚」…。姿を見ればどんな魚なのか?はわかるから問題ないでしょう? 徹底的に無駄を省くので中国人の仕事は早い!のかも知れない
残留孤児の孫たちや新華僑の第2世代などの若者が集う「太陽城」。海鮮串焼きで有名だがカラオケなども完備する食のデパート。
「台湾独立のゴッドファーザー」と称される史明が地下工作のアジトとして使った「新珍味」の名物は「大滷麵(ターローメン)」
「太陽城」では食パンのほか何でも串焼きにする。焼くか否かは別として「サーモン刺し身」も串焼きメニューに掲載されていた。

等身大の中国人の“今”を池袋、新中華街で体験できる。

「もとは台湾や福建省の資本が多かったのですが、今では東北地方出身者が経
営している店が多いと聞いています。そして10年前ぐらいは経済活動を目的に来日する中国の方がまだ多かったのですが、最近は日本のアニメを見ていたから、という理由などで来日する若い世代がとても多いんです。富裕層の子女は仕送りも多いので、自由にお金を使える若い中国人も増えてますね」(菊池)。

炒められている「ん草」は、中国語表記から判断すると「ホウレン草」のこと。「なぜこうなったのか?」を想像すると楽しい。
「皮むき」という音が「皮ぬ」に聞こえたのかもしれない。わざわざキュウリの皮をむくという丁寧な仕事ぶりに頭が下がるばかり。

「在日中国人に対する日本人の視線は、ひと昔前のものだったり自分たちが“望む中国人像”で止まったまま…というケースが気になる」というのは中国語通訳の吉野好輝(以下、吉野)。池袋は、等身大の中国と向き合うきっかけも与えてくれる街かもしれない。

自然発生的に拡大中のネオチャイナタウン(2) に続く


本記事は雑誌料理王国2019年12月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は2019年12月号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする