食の未来が見えるウェブマガジン

豚ロースの黒コショウ 焼き カレーバター添え

生姜焼き

ロースを厚切りにし、黒胡椒をまぶし、醤油とみりんに漬けこむ。漬け汁ごとフライパンで焼き、汁が煮詰まるまで焼く。そして、カレー粉を入れて作った特製バターを乗せて完成。「カット後の変色もなく、赤身の繊維質が見事に細かいので、こうしたシンプルな調理でおいしく出せます」(荻野シェフ)

材料(10人分)
豚ロース…100g(10枚)/みりん…400㏄/醤油…400㏄/バター…100g /カレー粉…5g /粗挽き黒コショウ…適量

作り方
1.豚ロースを、1.5㎝くらいの厚さにカットし、
表面に黒コショウを潰したものをはりつける。

2.1をみりんと醤油を1:1で合わせたものに
漬け込む。

3.2を汁ごとフライパンで焼き、煮汁を煮詰
めてタレ状にする。煮詰まる頃に、火がちょ
うどよく入っている状態にする。

4.バターにカレー粉を入れて混ぜ、カレー
バターを作る。

5.3に4をのせて出来上がり。

荻野伸也さん Shinya Ogino
1978年、愛知県生まれ。「レストラン・キノシタ」で副料理長を務め、目黒の「キャスクルート」料理長を経て、2007年11月に本格フレンチレストラン「オギノ」(池尻大橋)をオープン。


本記事は雑誌料理王国第226号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は第226号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする