食の未来が見えるウェブマガジン

NGな食べ合わせの実際とは?

一般によく知られている「NGな食べ合わせ」を見てみよう。
「食べ合わせ」が本当に影響するのか、医学的な理由があるのか調べるとともに。柳澤厚生さんに、医師としての見解も聞いてみた。

ウナギ×梅干し

脂の多いウナギと、酸味の強い梅干しは、両方とも内臓を刺激し、消化不良を起こすとされた。高級食材であるウナギの食べすぎ防止など、諸説ある。なお、酸が脂の消化を助け、相性がよいともいわれる。

栄養素的にはケンカするものではありません。逆に、脂と酸は、消化をスムーズにする関係です。

天ぷら×スイカ

油分の多い天ぷらと、水分の多いスイカを一緒に食べると、水分で胃液が薄くなって天ぷらの消化がしにくくなり、消化不良を起こすとされる。避けたほうが無難というのは、胃腸の弱い人には経験としてあるだろう。

スイカをデザートとして大量に食べなければ影響はないでしょう。油をとると、胃腸は活発に動かなければいけないので、冷たいものや水分で急に冷やさないようにするとよいですね。

ホウレンソウ×ゆで卵

ゆで卵に含まれる硫黄分が、ほうれん草に含まれる鉄分と結合して、体内への吸収を妨げてしまうとされる。ただし、ゆで卵にした場合のみ硫黄分が吸収を阻害するので、スクランブルエッグなど、卵はゆでない調理法であればよいという。

吸収を妨げる、というのはありますが、100が0になるわけではありません。そんなに気にしなくても大丈夫だと思います。

カニ×柿

傷みやすいカニと、消化の悪い柿の組み合わせがよくないといわれる。まだ流通の発達していない時代の、食中毒への注意喚起とも。また、カニも柿も東洋医学では体を冷やす食材とされ、一緒に食べると冷えを促進するため避けられる。

今は流通が発達しているので、傷みはそこまで気にしなくていいと思います。体を冷やすというのはあると思いますが、両方とも適量なら問題ありません。

ニンジン×ダイコン

ダイコンに含まれるビタミンCを、ニンジンに含まれるアスコルビナーゼという酵素が破壊してしまうとされる。アスコルビナーゼは人の体温くらいの温度でよく働く酵素のため、冷やすか、50℃以上に温めるといい。また、酢を加えることでアスコルビナーゼの働きが抑えられる。

一度に大量に食べなければ大丈夫。ビタミンCのすべてを壊すわけではないので、あまり気にしなくてもよいでしょう。

ワカメ×ネギ

ワカメに含まれるカルシウムの吸収を、ネギに含まれるリンが阻害するためによくないとされる。しかし、ワカメ自体にもリンは含まれているため、実際には大きな問題ではないだろう。ただ、リンは加工食品に多く含まれるため、加工食品をよく食べる人は注意したほうがいいかもしれない。

ワカメのカルシウムはそれほど多くありません。ほかのものからもとるようにすればカルシウム不足になることはないでしょう。逆に、とり過ぎると便秘になることもあるので注意が必要です。

ナス×そば

ナスもそばも、体を冷やす食材といわれている。ただし、温かい状態で食べれば緩和されるので、ナスは漬け物より天ぷら、そばはつけそばよりかけそば、という具合に食べ方を選べば問題ない。また、ネギや七味など体を温める食材をプラスしても。

体を冷やす夏野菜は食べすぎないようにしましょう。体は冷やしすぎると、代謝や内臓の働きが弱くなる。代謝で細胞が活動する時は、エネルギーを作っているので体は温かくなります。それを邪魔しないほうがいいのです。

焼き魚×漬け物

干物×漬け物ともいわれるが、魚に含まれる物質と野菜に含まれる物質が、胃酸の強い酸によって発がん性物質に変化するため、よくないとされる。ただし、ビタミンCのある環境下では変化しないので、柑橘などと一緒に食べるのがよいという。

発がん性物質は、一度とったからといって、必ずがんになるというものではありません。がんになる要因はひとつではなく、もっと複雑です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
「料理王国Web無料会員」にご登録いただくと、登録した方だけにご覧いただける本誌のバックナンバーの閲覧、無料会員限定記事をお読みいただけるほか、メールマガジンで、プレゼントや特別イベントなどのご案内をお届けします。会員の方はログインしてください。
会員登録はお済みですか?
SNSでフォローする