食の未来が見えるウェブマガジン「料理王国」

鶏のトサカはなぜ赤い?


知っているようで実は知らない…
そこが知りたい!鶏のこと。

「鶏のトサカはなぜ赤い?」そんな素朴な質問をはじめとして、鶏に関するさまざまな疑問にお答えします。身近な食材でありながら、知れば知るほど奥深い鶏の世界へ、いざ。

1. 鶏のトサカはなぜ赤い?

トサカ(冠)は頭部の皮膚が発達した装飾器官で、その色が赤いのは、表皮に近い部分が著しく毛細血管に富むためである。
クチバシの下にある肉髯にくぜんも同じ理由で赤い色をしている。トサカはコラーゲンやヒアルロン酸を含むことで知られ、最近は化粧品や医療品、サプリメントの原料にも多く使用されている。

2. 鶏はどうして首を前後に振って歩く?

鶏は目の構造上、眼球を動かすことができない。その代替運動として、首を前後に動かし、自分が歩くことによって、動いていく周りの景色を追っているといわれている。これは、鳩などほかの鳥類でもしばしば見受けられる行為。鶏の頭蓋骨は非常に軽く、せわしなげな首の移動も容易なものとなっている。

3. 鶏の肉の色は餌によって変わってくる?

結論からいえば、鶏の肉の色は餌に影響される。採卵鶏の飼料にパプリカを入れると卵黄が濃いオレンジになる。同様のことが肉にもいえるのだ。鶏の餌は、トウモロコシ、マイロ(穀物の一種)、大豆カス、魚粉、米、ミネラル類などをブレンドした完全配合飼料が使われる。この中で主体となるのはトウモロコシ。なので、トウモロコシの色が濃いものだと、肉の色がやや濃くなる。とはいえ、栄養分や味にほとんど変わりはない。

地鶏や銘柄鶏には、配合飼料に独自の材料を加えているものも少なくない。その素材の性質や比率によるが、これが肉の色に違いをもたらす可能性もありうる。

4. 地鶏とブロイラーの違いを教えて!

現在流通している鶏肉のほとんどはブロイラーである。ブロイラーとは大量生産に適するように改良された鶏のこと。そもそもはブロイル、つまり焼く、炙るための肉という意味で、この名がついた。
ブロイラーは、白色コーニッシュ種、プリマスロック種などをもとに品種改良され、成長が早く、若いうちに食肉として出荷される。肉、皮ともやわらかく、クセが少ないので幅広い料理に使える。ただし長時間煮込むと肉が崩れやすい。

一方、地鶏とは在来種の純系による鶏のこと。つまりは、在来種の血が50%以上入っている鶏のことである。飼育期間は80日以上、28日齢以降、平飼いや1㎡あたり10羽以下で飼育が必要である。これらは日本農林規格により、基準が定められている。
イメージとしては、その土地で生まれ育った鶏を地鶏と呼ぶ印象があるが、名古屋以外で飼育されている名古屋コーチンがあったりで、必ずしもそのとおりではない。
地鶏はブロイラーよりも飼育期間が長く、生産効率がよいわけではないので、値段は高め。見た目はブロイラーに比べると、肉付きが少ない。一般に肉質は歯応えがあり、独自のコクと風味を持つ。

5. 鶏は丸ごと全部食べられるの?

鶏を余すところなく食べることは不可能ではない。ただし、必ずしもすすめられる行為ではないことを念頭に置いておこう。鶏の場合、腸を食すことはまずない。それは雑菌が付きやすく、かつ足が早いため。さばいてすぐ、処理を上手にすれば食べられなくもないが、衛生面、健康面を考慮すると避けるのが賢明である。

6. 鶏肉を熟成させたらどうなるの?

鶏肉は足が早い、鮮度が命とよくいわれる。であれば、もちろん牛肉のような長期熟成は期待できないが、それでも熟成させることで、肉質がやわらかくなり風味が上がるようだ。ただし、その期間は一般的な牛肉の熟成期間の10~14日間よりうんと短く、約1日。とはいえ、屠鳥直後が一番おいしいわけではないようである。

羽根則子・文
参考文献 岡本 新著『ニワトリの動物学』(東京大学出版会)

本記事は雑誌料理王国2011年9月号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は2011年9月号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。


SNSでフォローする